町屋「なり升」老夫婦で営むアットホームな定食屋。すき焼き定食は味わい深い。


「入口のカウンターは暑いから、もっと奥に座ったほうがいいですよ」

と店主。

「あっ、はい」

「いらっしゃい。麦茶さっき作ったばかりだから、しえて(冷えて)なくてごめんね」

とおばちゃん。

この定食屋、町屋駅から都電沿いの横丁を入った直ぐにある店で、入口右手に狭いカウンター6席に左手に小上がり2人席2卓、奥の座敷は4人席1卓のスペース。

老夫婦で切り盛りする超アットホームな雰囲気に心が和んでくる。

「すき鍋ランチください」

「はいよ」

ちらほらと近所のご隠居たちが集まってくる。よそ者はボク1人で、客はほぼ地元民だ。

「すき鍋ランチ」1000円はご飯、味噌汁、卵、浅漬け。すき鍋は牛肉に豆腐、シラタキ、お麩、長ネギ、白菜となっている。

まずは卵を溶いて、白菜と一緒に牛肉を一口。

「ほどよく甘口でいいね」

特別感のあるものじゃなく、ごく普通の味わいだけど、定食屋でこの手のメニューは滅多にないからありがたい。それとこの牛肉は黒毛和牛のようだ。ご飯にはちょいお焦げがあっていい。浅漬けはややボリュームがあり、味噌汁が美味しい。この定食屋は老夫婦の穏やかなキャラクターと常連たちの風情がシンクロして、ご飯がますます美味しく感じるんだと思う。

「ごちそうさまでした」

「ありがとうね」

帰り際ご隠居たちが「今日はバター焼きね」、「あたしは生姜焼き」と注文。食べたばかりだけど、気になって仕方ない。また来なくちゃ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都荒川区町屋225電話0338924928

【営業】11時20分~14時30分

【休日】

【アクセス】都電荒川線「町屋駅」から徒歩2分・地下鉄千代田線「町屋駅」1番出口から徒歩2分 京成線「町屋駅」から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA