渋谷「かつお食堂」鰹オタク、通称「かつおちゃん」と呼ばれるお姉さんが営む、鰹節ごはん専門店。削りたては美味しいよ。


洋服のリフォームで渋谷を訪れたときに見つけた店で、いつの間にか評判になり、今では行列する人気店になっている。

この日も洋服の直しを取り行くため渋谷へ。9時ジャスト、すでに3人並んでいた。

30分ほどで店内へ。L字のカウンター8席で「bar…miiiii」というダイニングバーを昼間間借りしているようだ。

ネジリハチマキ姿の、かつおちゃんと呼ばれる元気なお姉さんが出迎えてくれる。メニューは2種類「かつおめしごはん」800円と「かつお食堂ごはん」1000円の2種類。

「どうします」

「かつお食堂ごはんで」

「は~い。今日の鰹節は鹿児島指宿の坂井商店のものです」

力を込めて鰹節を削りながら、鰹を釣った実体験や、現在使っている燕三条の削り節器の話など、情熱を込めて語る。極めて面白い人で、鰹節オタクとでも言おうか、まるで鰹節に取り憑かれているようだ。

「ごはんはどのくらい?」

「普通でお願いします」

おひつからご飯をよそい、中央に生卵の黄身と潮鰹をあしらい、その上にタップリの削りたての鰹節。そして浅漬けのキュウリ、だし巻き玉子に具だくさんの味噌汁。

黄身に振られた潮鰹とは、鰹を塩漬けにしてから乾燥させたものらしい。

「この鰹節ほんのりピンク色でしょう、これ坂井商店の特徴なんです」

まずは削り節をそのままいただく。削りたてはやはり風味がいい。そしてご飯とともに、旨い。

卵の黄身を溶いてまたパクリ、これも旨い。卓上の醤油をかけるとさらに旨い。

「その醤油、中に割った鰹節を入れてるんですよ」

よ~く見ると確かに鰹節の塊が、なにもかもが徹底している。だし巻きも美味しく、浅漬けのキュウリも爽やか、味噌汁は穏やかな塩加減だ。

「追い鰹お願いします」

途中、鰹がなくなりお願いすると、再び鰹節をかけてくれるサービスだ。いいね。ああ、もっと食べたいな、ご飯5杯はいけそうなんだけどな。

「美味しかったですよ」

「有難うございます。花鰹の一日を」

花鰹の一日を? たぶん良き一日を、ということなのだろう。しかしかつおちゃんは元気だな。

たまに行ってもやってないことがあるので、店のツイッターかインスタで事前に確認した方がいいだろう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都渋谷区渋谷1TheNeat青山1階

【営業】水~金9時~12時

【休日】月・火・土・日・祝

【アクセス】JR各線「渋谷駅」中央改札から徒歩6分 私鉄・地下鉄各線「渋谷駅」13aから徒歩4分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA