浅草橋「丸山吉平」絶妙の火加減、秀逸のトンカツ。


かなり前だけど、浅草橋にある天ぷら屋「天康」のかき揚げ丼が恋しくなり、久しぶりに店を尋ねたら、同ビルに行列のとんかつ屋を発見した。あれから数回訪れている。

この日も相変わらずの行列。

券売機で「ロースかつ」1400円と「半ライス」100円を購入。店員の女性に手渡して、席に呼ばれるまでじっと待つ。

店内はカウンター10席。色眼鏡のご主人はうるさい人のように思われているけど、それは勘違い。券売機に「店員に呼ばれる前に椅子に座る権利1億円」なんて書いてあり、これは当然洒落。言ってみれば四谷の「がんこらーめん」の主人、一条のオヤジさんと一緒で、ちょっとしたパフォーマーなのだ。

大き目な油揚げが浮かぶ味噌汁とライス。そして肉厚のトンカツの登場。揚げ具合はいい塩梅のレア感で、ここに塩をちょいかけて食らいつくと実に美味。

豚肉本来の味が引き立つ。次に醤油と辛子でパクリ、また旨い。そしてソースでいただくとトンカツらしい美味しさが際立つ。

しっかり熱が通った肉が好きな人も多いと思う、ボクもその一人だが、このカツはこの火加減がいい。月2回カツカレーを提供しているようで、いつか食べてみたいと思っているが日にちが合わず実現していない。

いずれにしても行列するのもうなずける。とにかくスキのない美味しいトンカツだ。

「ごちそうさま」

「どうも、ありがとうございます」

と色眼鏡のご主人、客の顔をしっかり見て会釈する。何回も言うけど、変わり者じゃなく、ちゃんとしている人なんだよね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都台東区浅草橋5208CSタワー107  電話0358298290

【営業】11時30分~14時30  土11時30分~14時30 18時~20時

【休日】不定休

【アクセス】JR総武線「浅草橋駅」西口から徒歩7分

【喫煙】昼夜喫煙不可


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA