池袋「中国家庭料理 楊2号店」唐辛子と花椒で痺れる坦々麺と麻婆豆腐


DSC03458

池袋西口に行列の中華料理屋「楊」がある。たまに痺れる料理が恋しくなると、この店を訪れている。本店は十条駅そばにあって、この2号店がなかった頃はよく通っていたけど、池袋にできてからここばかりになった。

名物は「麻婆豆腐」、「汁なし坦々麺」、「焼き餃子」だ。ご覧のものがそれ。

PAP_0135

PAP_0134

PAP_0133

とにかく辛くて痺れるので、初めての人はマイルドにしてもらったほうがいいだろう。

「麻婆豆腐」は旨味充実でプルプルとした豆腐の食感よく、当然激辛に加え花椒で痺れる。

「汁なし坦々麺」は全てをゴチャゴチャにかき混ぜると、まるでナポリタンのような色合いになる。食らいつくとたっぷりの芝麻醤は濃厚な旨味、「うめ~な~」って思うけど、そのあと怒涛のような痺れが襲いかかり、舌と唇が麻痺、ドバっと汗が噴き出してくる。正直、途中でなにを食べているのかわからなくなるほど、でも美味しいのよ。それと餃子は羽根付きで丸く整形され、美しい。餡は肉汁たっぷりでこれも満足。

この店は、板橋と本郷にある「栄児家庭料理」と双璧って感じかな。僕は気分でこの両店を行き来している。

ちなみに「楊2号店」のすぐそばに「楊別館」がオープンしている。

DSC03456


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA