江古田「キッチンobasan」住宅街に佇むオバさん手作りの抜群に旨い洋食の数々。


武蔵大学にほど近い、環七寄り住宅街の横丁に「キッチンobasan」がある。この店はボクの実家から帰る途中に見つけた店で10数年になるか、1年に2、3回ほどお邪魔している。

客層は女性客がほとんど。店名のとおり、現在60ちょい過ぎのオバさんがオナーで、従業員すベて女性。ほぼ女性オンリーの空間だけど、男一人、入りづらいわけじゃなく、まるで違和感なく食事が楽しめる。

オムハヤシ、グラタン、ロールキャベツなどどれもスキのない美味しさ。

今回は「ハンバーク」1040円+チーズのせ60円=1100円。付け合せはホウレン草のソテーにマッシュポテト。ハンバーグにチーズ、シメジのデミソースという出で立ち。

このハンバーグのパティ、挽肉というよりは、恐らく肉を切って叩いたもので、「肉食ってるぞ!」という確かな存在感、ワイルドな大人の味わいだ。ソースも塩梅がよく、実に美味しい。また野菜豊富な味噌汁もグッド。

ランチ時は武蔵野音大の学生、ご近所のマダムで常に満席。西武池袋線沿線で、ピカイチの洋食屋って言ってもいいんじゃないかな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都練馬区栄町173水入ハイランドマンションB棟地下1階 電話0359998432

【営業】火・水・金・土11時~14時30分 18時~21時 木11時~14時30分

【休日】月・日・木曜日の夜

【アクセス】西武有楽町線「新桜台」徒歩3分 西武池袋線沿線「江古田駅」から徒歩8分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA