武蔵小杉「丸仙」」地元民に愛されて半世紀。醤油も味噌も文句なしの旨さ。


「武蔵小杉駅」南口から徒歩3分。「法政通り南壱番街」の途中に派手な看板の「丸仙」。昼夜問わず行列する地元民に愛されている大人気店だ。店内はいつも活気に満ちていて、客がラーメンをすするその響きだけで胃袋が唸り始める。

店内はL字のカウンター13席。客層は地元のご隠居、サラリーマン、労働者、OL、学生、カップルなどなど老若男女でいつも賑わっている。

ここに来ると「支那そば」か「みそラーメン」どっちにしようかいつも悩んでしまうんだな。

いまどき珍しく麺上げはザル、チャッチャッと湯切りするラーメン屋らしいその風情に思わず見とれてしまう。

る日は「支那そば」700円と「ギョーザ」350円をオーダー。

支那そばを一口すするとこれが実に旨い。名古屋コーチン、豚ガラから抽出したダシは旨味が充実、エッジの立った醤油のキレが抜群だ。

スープの表面にやや多めの脂、これがいつまでもラーメンを熱々に保ってくれる。ややウエーブのかかった歯ごたえ確かな細麺との相性も抜群。

肩ロースの焼豚はいい下味が入り香ばしいのだ。餃子もカリっとモチモチ、餡のバランスがいい。

またある日は「みそラーメン」は850円。たっぷりのモヤシ、メンマなど。

や中太の麺はタピオカ粉が練りこまれていて弾力の歯ごたえ。北海道の赤味噌ベースのスープは驚くほどの深い味わいでメチャメチャ旨い。

地元民に愛される店には理由がある。美味しさもさることながら、2代目店主の田中伸一さん(どこか俳優の中野英雄さんに似ている)とスタッフの皆さんの接客の気持ちよさだろう。

〈店舗データ〉

【住所】神奈川県川崎市中原区小杉町366 電話0447222827 

【営業】11時~15時 17時~23時 土・日・祝11時~23時

【休日】

【アクセス】東急東横線「武蔵小杉駅」南口から徒歩3分 JR南武線「武蔵小杉駅」正面口から徒歩4分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA