梅島「角萬」武蔵野うどんをホウフツとさせる力強い極太蕎麦。これ病みつきにさせられる味わいが潜んでいる。


この系列店はボクの知っている限りでは、この梅島、三ノ輪の龍泉、向島、本郷、四谷を入れて5店舗だと思う。いつもは龍泉の「角萬」ばかりだけど、梅田を訪れるのは初めて。この辺は版元にいた頃、返品倉庫があつた場所で、よく棚卸に来ていたので土地勘があったけど、たどり着くまでちょい時間がかかった。

店内はすでに満席。連れと2人、5分ほどで中に通され、座敷の6人テーブルに相席となる。

「えーと、冷肉とカレー南蛮、エビ天お願いします」客層は家族連れ、カップル、ご隠居といった感じで、その誰もがこの冷肉(冷やし肉南蛮)をオーダーする名物蕎麦だ。

「うちはアゲオチね」

「キツネオチください」

周りの客の聞きなれないフレーズ。

アゲオチキツネオチ? なんだそれ?」

連れと2人首を傾げる。こっそり隣の客にたずねると。

「油揚げのことですよ」

どうやら味付けされたキツネを、蕎麦にトッピングするようにオーダーしているのだ。ほ~お、なるほど。

10分ほどで待望の「冷肉」1000円と「カレー南蛮」1000円、「エビ天」450円がテーブルに並ぶ。相変わらずのラーメン二郎をホウフツとさせる力強い絵姿。

蕎麦にはまるで見えない極太麺、持ち上げると不揃いな形状。

「これ三ノ輪の角萬より太く見えるな」

頬張ると力強い歯ごたえ、汁が塩辛く甘めで、非常に濃口のツユ。

「味濃いな~」

カレー南蛮はこれもまたカレー餡が塩辛くまた甘め。

「蕎麦湯もらおうか」

「そうだな、これ蕎麦湯で割らないと味が濃すぎるな」

蕎麦湯で割ると味が和らいで一安心。

エビ天は巨大で、また衣がビシっとカリカリ、蕎麦ツユにしばらく浸してかぶりつく。

「う~ん、旨いね」

三ノ輪の「角萬」はもう少しマイルドな仕上がりだけど、ここ梅島は何もかもが主張する。この歯ごたえの極太蕎麦、濃口のツユ、何もかもが面食らうけど、病みつきにさせられる味わいが潜んでいる。

営業はたった3時間と、それも麺が売り切れ次第終了となる人気ぶりなんだよね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都足立区梅田4-30-5 電話03-3840-4931

【営業】10時30分〜13時30分

【休日】不定休

【アクセス】東武伊勢崎線「梅島駅」から徒歩16分

東京都足立区梅田4-30-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA