東池袋「A・RAJ」南インド料理&カレー


Araj01

インド料理は大きく2つに分けて、北と南に別れる。北の特徴は粉食で、お馴染みのナンというパンで(現地では滅多にお目にかかれない、主に外国人向けのレストランなどだけ)、ドロっとした濃厚なカレーをつけて食べるスタイル。南は米食で、カレーはサラっとして米好きな日本人には最も相性のいい味わいではないか。

Araj04

全国にインド料理屋は数多くあるけど、そのほとんどが北インド料理屋ばかり。正直言って、北インド系のカレーはエッジの利いていないぼやけた味わいのものが多く、胃袋にグっとくる店が少ない。ところが、数少ない南インド料理屋のほとんどにはずれがなく、池袋ならこの店がお勧め、店内は狭小ペースながら、インドの雰囲気満載だ。

Araj03

ランチの「ノンベジタリアンミールス」、「ベジタリウンミールス」(定食)、このボリュームが実に得した気分にさせてくれる。サンバル、ラッサムの2種類のサラサラなカレーと、ポリアル(スパイスの炒め煮野菜)、ダヒ(ヨーグルト)、ライスとプーリ(揚げパン)にパパドゥ(豆せんべい)など。好きなように食べればいいけど、合間に付け合せのマンゴーのアチャール(インド風梅干?)を含めば、口中がリセットされて、さらに食が進む。店主のラージさんはフレンドリーで話し好き、彼にご指導いただきながら、本場の南インドカレーの食事作法でスプーンを使わずに、右手でいただくのも面白い、インドを旅しているような気分にも浸れるだろう。また、ドーサ(インド風クレープ)も1度試してもらいたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA