新橋「ガネー舎」ボリュームの具材で満足満腹、たまにはスープカレーもいいね。


スープカレーに出合ったのは20数年前になるか、札幌の「木多郎」、「スリランカ狂我国」、「アジャンタ」、「マジックスパイス」などの店で洗礼を受けた。当時は30数件ほどしかなかったけど、現在150店舗は超えているのかな。東京にブームが来たのはボクが「横濱カレーミュージアム」で名誉館長をしていた頃、札幌の「マジックスパイス」に出店してもらったが始まりだと思う。

この「ガネー舎」はスープカレーの元祖「アジャンタ」系列の店だ。この日、新橋で打ち合わせを終え、ふと頭をよぎった。

「そういえば、ガネー舎ずいぶん行ってなかったな」

ということでお伺いした。ちなみにこの店は入口が2か所あるので覚えておこう。

今回オーダーしたのは「とりなすカリィ」1150円。

色鮮やかなピーマンにナス、その下に半身のニンジン、鶏のモモ肉が1本丸ごと入っている。スープカレーはどこも具材が大きくダイナミックだ。ターメリックライスの中央には桃色のラッキョが可愛らしい。

スープを一口、旨味充実でほどよくスパイシー、仄かな甘味が隠れている。

鶏肉は実に柔らか、ターメリックライスとともに頬張ると食欲が徐々に加速する。やっぱボリュームの具材なので満足満腹。スープカレーを食べるたびに思うんだけど、どこかつけ麺のスープに似ていて、麺を浸して食いたくなるのはボクだけだろうか。

〈店舗データ〉

【住所】東京都港区新橋5122鴻盟社ビル地下1階 電話0334330309

【営業】月~金11時30分~15時 月・火 17時30分~20時45分 水・木・金 17時30分~21時30分 土11時30分~14時

【休日】日・祝

【アクセス】JR「新橋駅」烏森口出口から徒歩6分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA