新小岩「うちだ」洋食の名店


JR総武線沿線で随一の人気の洋食屋といったら「うちだ」ではないか。

創業は昭和46年。もともと昭和3年に地元で肉屋として開業し、後にトンカツ専門店から、ビフテキをメーンの洋食屋に姿を変えたそうだ。

PAP_0282

「当時ビフテキを看板メニューにしてから行列が絶えなくて、1時間待ちは当たり前で、お客さんの8割がステーキだったね」

と語るのは店主、内田勝利さん。ダンディーで、どこかクリエイティブな風貌が物語るように、店の外観、内観とも上品にデコレートされ、所々に備えられたオブシェや絵画にセンスがうかがえる。

この店のメニューすべておすすめなのだが、ランチのビーフカツ、廉価の1000円もいい。サクサクの衣の中は火加減絶妙なレアなビーフ。まずはそのままいただいた後、ソースをつけてまた一口。実に旨いのだ。またシジミの味噌汁がありがたい。

またランチのSWビフテキ(120gのステーキ)は、2枚ついてボリュームあり。

PAP_0281

そのた、Wステーキ丼、ハンバーグ、スペシャルランチ(牛の串焼き・えびフライ・カキフライ)も実に旨い。

ディナーは少々値が張るけど、どれも申し分ない美味しさ。

夜のビーフカツはヒレ肉を使い、2940円。特性揚げとんかつ2940円も人気で、3~4センチほどのぶ厚さのため、20分ほどじっくり揚げるので少々時間はかかが、その見た目の迫力に胃袋が唸りだす。その味わいはサクっとジューシー、豚肉好きにはたまらない逸品だ。

当然ビフテキもおすすめ。和牛はヒレ、ロース150~250g、豪州牛はヒレ、200~450gが用意されている。また、ビフテキとともに注文してもらいたいのが、海鮮サラダ。M、L、LLの3サイズあり、これも人気のメニューの一つなのだ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA