新宿3丁目「クレッソニエール」ランチ、コスパ最高のフレンチプレート


DSC03145

新宿3丁目の地下街をプラプラしていて行列を発見、「あれ気になるな…」ということで日を改めて訪れた。

地下から地上7階まで飲食店でひしめく「京王フレンテ新宿3丁目」の地下1階にフランス料理「クレッソニエール」がある。11時の開店前から長蛇の列、店内は30席ほど。ギャルソン一人だけど、いつも混んでいるので、コックもフロアーを手伝っている。

お勧めは各種あるワンプレートランチ1000円だ。

ご覧のものが「豚と鶏のパテのカリカリ焼き」。

DSC03138

DSC03139

豚、鶏肉の挽肉はセージやオレガノなどで香りづけされたものを、パイ生地じゃなく、春巻きのような皮で包んでソテーしてある。これ表面がパリっとして中はシットリ、食感が実に面白くて、パセリソースはフォンの旨味がバッチリ効いていて美味しい。横に添えてあるバター風味のピラフも美味しい。また人参スープは、人参特有のクセや香りをシナモンでほどよく消していて、嫌味な甘さがなく、ほどほどに旨味があり軽やかな味わい、これもいける。

DSC03135

それと「トマトの肉詰め」は、トマトの中に豚と鶏の合挽きを合わせているもので、トマトのほどよい酸味がしっとりとして滑らか合挽肉によく合っている、これをトロトロのマッシュポテトにつけていただくとまた旨い。そして結構なボリュームで、お腹一杯になる。

ギャルソンもコックも非常に感じがよくて気持ちいいし、このワンプレートランチ、美味しいパン・ド・カンパーニュ、飲み物、デザートまでついて1000円なんて努力している、行列ができるのもうなづけるね。

ディナーはコース料理で3300から3800円とこれも破格。アラカルトで頼んでも2人で7000円ってとこじゃないかな、超おすすめだ。

そうそう、姉妹店の青山にある「レ・クリスタリーヌ」や、渋谷の「コンコンブル」もいいよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA