新宿「蒙古タンメン中本」のインドラーメンとは


DSC04410

「蒙古タンメン中本」は旨辛ラーメンの老舗。店名の蒙古タンメン、冷やし味噌、北極ラーメンで辛党の胃袋を鷲掴みにしているラーメン屋だ。今回は新宿店にしかないメニュー「インドラーメン」の話をしよう。

30年ほど前、先代の中本正さんが僕に「インドラーメン」を作ってくれたことがあった。板橋区桜川に本店があった頃(もっと昔は上板橋南口駅前の線路脇にあった)、メニューに「インドラーメン」とあったけど、食べている客を見たことがなかった。後に一度だけ、城北高校の学生が一人食べているのを目撃してから気になって仕方がなくなった。それからだった。

「インドラーメンお願いします」

「今日は出来ないのよゴメンネ」

またある日、

「インドラーメンお願いします」

「今日は出来ないのよゴメンネ」

この繰り返しが数年続いたある日、

「じゃ今週の土曜日の昼に来て、作ってあげるから」

僕の執拗な頼みに中本さんが折れて約束してくれた。いただいたのは塩スープに豚バラ肉に玉ねぎをカレー粉で炒め、片栗で〆た餡が乗った代物だった。シンプルながら底力のある味わい、キリっとエッジの効いたスパイシーな餡が麺によく絡んで美味しかった。

後に「中本」は閉店し「蒙古タンメン中本」として復活。ほどなくして新宿店ができた頃、中本さんから、

「インドラーメンのレシピ忘れちゃったのよ、どんなんだったっけ?」

どうやら新宿店でメニューに加えるということだった。インドラーメンを知っているのは、社長含め従業員も食べたことがなく、その味を知っているのは唯一僕だけだった。確かその作り方を教えた記憶があるけど、なぜか醤油味に変わっていた。

DSC04406DSC04407

ご覧のものはプロトタイプからかけ離れたものだけど、これはこれで美味しい。醤油スープに蒙古タンメンの野菜だけを乗せて、茹で玉子をあしらい、その横にちょっと辛口で濃厚なカレーあんがかかったものだ。最初はカレー風味のラーメンなんだけど、食べ進むうちに、中本独特な味噌ラーメン風に変貌する味わいだ。

IMG_0132

中本さんは3年ほど前に他界されているけど、本店でたまに厨房に立つことがあった。そんな時、彼が自分の賄いで作っていた味噌つけ麺を、僕に試食させてくれたけど、それが驚くほど美味しかった。あの辛くない味噌つけ麺、もう一度作ってくれないかな、でも彼はもういない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA