新宿「岐阜屋」昼飲みでも、昼飯でも安心の中華屋。


ブログで何回も書いているけど、新宿西口「思い出横丁」通称「しょんべん横丁」界隈でお世話になった店は、煮込串の「ささもと」と中華「若月」だが、残念ながら「若月」は閉店した。そしてもう一軒、中通りと線路通り両方に入り口のある老舗の中華屋「岐阜屋」がある。ここも学生時代から随分と通った中華屋だ。いつ訪れても昼から飲んだくれている客がいて、その風情にも味わいがある。

※線路通り側の入り口。

若い頃は2、3軒目に寄って軽いつまみで酎ハイを数杯飲んで、終電で帰宅というパターンだったけど、いまはすっかり酒抜きの昼飯オンリー。

この日は「木耳と玉子炒め」+「半ライス」+「餃子」をオーダー。

ものの数分で調理、早いのだ。

たっぷりの玉子とツヤツヤの木耳、玉子はフワフワでしっとり、

木耳は軽やかな歯ごたえで、油分の塩梅がいい。仄かな甘味とほどよい旨味、これが実に美味。

餃子はややにんにくの効いたしっとり餡、ちょい甘めでローカルっぽい中華屋らしい味わい。とにかくご飯がすすむ。

麺類はあまりお勧めしないけど、炒め物が優れもの。界隈で昼飯に困ったらここだ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区西新宿12-1 電話0333426858

【営業】9時~翌1時 木・金 9時~翌2時

【休日】無休

【アクセス】JR・私鉄・地下鉄各線「新宿駅」西口から徒歩3分

【喫煙】昼・夜、喫煙可


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA