新宿「五十番」歌舞伎町の怪しい一角にある中華料理屋、まったく入る気がしなかったけど、食べてビックリ、ホント美味しいのよ。


昔から知っていた店だったけど、まったく入る勇気がなかった。

連れと2人で歌舞伎町に用があり、昼飯時にさしかかる。「五十番」の店先に行くとすごい行列。どうやらピンサロの順番待ちのようだ。

「ピンサロに行列って凄いね、ちょっとワケわかんないな」

「なぁ、ココ入ってみようか? そう決意した日じゃなきゃなかなか踏み込めないからさ」

「そうだな、突入するか!」

ということで店内へ。70前後のおばちゃんと厨房にはそのご主人と思しき人物。客は2人だけだった。

※表の行列、わかるかな?

「すいません。餃子と広東麺とニラレバ炒めお願いします」

「は~い」

最初に「餃子」400円が運ばれてきた。フライパンの焦げが移っていてあまり見た目が良くない。期待せずに一口。

「この餃子旨いぞ」

「ホントだ、これいいね」

見かけとのギャップに驚いた。カリッとシットリ、旨味が充実、美味しい。

次に「ニラレバ炒め」500円+「ライス」200円。ニラレバというよりレバーキャベツって感じ。そして一口。

「旨め~、これ食ってみ」

「味付けいいな。塩気と旨味のバランスがバッチリだな」

この界隈の「レバニラ」を出す中華屋でもダントツの美味しさだ。

次に「広東麺」650円。醤油ベースの餡かけが定番だけど、ここのは塩ベースですっきりとした見た目。なぜか細かく刻まれた玉子焼きデコレート。

「こんな広東麺見たことないな

連れが食べ始めると、

「おい、メチャ旨いぜ。なんだこの店、もっと早いうちに入っとくべきだったな」

スープのほどよい旨み、ツルっとしたストレートの細麺が、塩味の餡と絡まって抜群の美味しさ。

いやいや良い意味で裏切られた。もうここに通って、全部のメニューを制覇しなきゃ、って気分だ。怪しい歌舞伎町に正しい味の中華「五十番」、侮って申し訳なかった。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区歌舞伎町1151 電話0332003510

【営業】11時30分~21時

【休日】水曜日

【アクセス】地下鉄丸ノ内線「新宿駅」から徒歩3分 西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩4分 JR「新宿駅」東口から徒歩5分 地下鉄大江戸線「新宿西口駅」から徒歩7分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA