新宿「エジプトカレー」奇妙な看板の不思議なカレー


DSC05344

「新宿ゴールデン街」のはずれ、スーパー銭湯「テルマー湯」の近所をプラプラしていて奇妙な看板を発見した。

「エジプトカレーってなんだろう?」

間髪入れずに店に突入した。席はカウンターのみで、どうやらバーのようだ。店内のいたるところにヘンテコなクレオパトラのキャラ、なぜか「ももクロ」のハッピなどがデコレートされている。カウンターに立つ店員は、この店に似つかわしくない、いたって真面目そうな青年。メニューには「ファラオ」(パワーポークカレー)と「クレオパトラ」(薬膳グリーンカレー)とある。

DSC05333

「フォラオください」

「お飲み物何にしましますか?」

「はい、トマトジュースお願いします」

ポテトサラダと11種類から選べるドリンクが付いて950円だ。

最初に飲み物が提供され、次にミニサイズのポテサラ。

カウンターの青年は雑穀米をライス型に収め、皿に盛り、回りにカレーをかけ、豚の角煮をあしらいバーナーで炙り焼き、ライスの頂点に糸唐辛子をデコレートして完成。

DSC05337

DSC05341

このビジュアル、ピラミッドの回りのカレーは砂漠で、角煮はひょっとしてスフィンクス?

渋谷「ワルツ3」にあったミュージシャン遠藤賢司さんが考案した「ピラミッドカレー」を思い出す。

一口いただくと、非常に甘い、カレーの挽肉はどうやら羊のようで独特な香りがする。

ライスは固めで、角煮はほどほどに柔らかくていいんだけど、このカレーソースは、う~んって感じ。羊は特有の香りがあり好き嫌いがあるけど、このクセを和らげながら違和感なく食べられるスパイスの使い方があるんだけどね。まして甘いソースで、なおかつ羊のクセが感じられてしまうと…。卓上に「デスソース」があり、これを2、3滴垂らしても辛くなるだけで、基本の味は全く変わらない。せっかく怪しい雰囲気でインパクトのあるビジュアルなのにね。もったいないな~。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区新宿5-18-6 D’nine building1F 電話03-6233-9245

【営業】月〜木11時~15時 18時~23時 金曜11時~15時18~翌5時 土曜11時~翌5時 日曜11時~23時 【休日】無休

【アクセス】JR「新宿駅」東口から徒歩約8分 東京メトロ「新宿3丁目駅」E1出口から徒歩3分 「東新宿駅」A1出口から徒歩6分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA