新大久保「東北烤羊腿」朝鮮系中国料理のラム肉のクミン炒め。


新宿、新大久保、池袋あたりに中国人が営む中華料理屋が数多くある。中でも東北延吉系の料理屋が増大している。その始まりは大久保の「千里香」じゃないかな。特徴は羊肉をスパイスで和えてロースとするものが多い。この「東北烤羊腿」もその一つだと思う。

この日は駅そばの喫茶店で打ち合わせを終え、腹が減ってたので駅前のこの店に飛び込んだ。

友人はラム肉がダメなので「五目焼きそば」。ボクは「ラム肉のクミン炒め」にした。

卓上には「クミンソルト」と「チリソルト」があるが、それぞれ単体のスパイスではなく、ブレンドスパイスだと思う。

友人の五目焼きそばはどこの中華屋にもある、醤油とオイスターソースで味付けされた広東風のもの、これ普通に美味しい。

ラム肉のクミン炒めは柔らかなラム肉にたっぷりの野菜。これ恐らく卓上にあるクミンソルトで味付けされたもので、延吉系独特な味わいで実に美味。付け合わせのキュウリの漬物に生の青唐辛子が入っていてメチャ辛かった。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区百人町225 2階 電話05052853614

【営業】11時~24時

【休日】無休

【アクセス】JR山手線「新大久保駅」から徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA