成増「べんてん」2017年9月18日、復活して1年を迎えた。相変わらずの行列、めでたし。


この間の9月18日、「べんてん」が復活して1年を迎える。地元の友人一同でお祝いの生花をプレゼントした。

相変わらずの行列で、近隣との摩擦を避けるため、いろいろと並び方を変えた。現在は店内に数名、店の前に5、6人ほど、店に向かって左手の空き家の前に並ぶようになった。

この日は久しぶりの「つけ麺」850円+生卵50をオーダー。

「麺の量はどうする」

「並でお願いします」

「お花ありがとうね」

「いえいえ」

脱サラした田中ジュニアもすっかり板についた。無駄のない手慣れた風情で仕事を黙々とこなしている、なによりだ。

つけ汁をちょいすする、ほどよい甘味と微かな酸味、深い旨味に彩られた味わい。麺を浸してズルズル。

「いや~旨いね」

相変わらずの美味しさだ。途中黄身を麺に絡めて、再びズルズル、これもまたネットリとしていい。次に豆板醤を麺に和えてちょいパンチを効かせてすする。あっという間に完食。

「やっぱ中盛りにすりゃ良かったな…」

とちょい後悔する。

「最近飲んでるんですか?」

「いや、仕込み終わったら家帰ってすぐ寝ちゃうよ。行っても近所で軽く飲んでって感じだね」

田中さんも60半ばにさしかかっている。高田馬場の頃は精力的にいろいろな居酒屋を飲み歩いたものだけど、やっぱお互い衰えるね。

「ご馳走様でした」

復活して1年、田中ジュニアも堂に入った仕事ぶりで一安心。前のように甲殻類を使ったイベントラーメンをやってもらいたいものだけど、近隣に迷惑がかかるので控えているようだ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都練馬区旭町3-25-2 電話未定

【営業】11時~14時30分

【休日】日

【アクセス】東武東上線「成増駅」南口から徒歩4分 地下鉄有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」1番出口から徒歩2分

東京都練馬区旭町3-25-2

「成増「べんてん」2017年9月18日、復活して1年を迎えた。相変わらずの行列、めでたし。」への5件のフィードバック

  1. 高田馬場には行かずじまいでしたが、成増には大学時代から40年住んでるんですぐに訪問しましたら。
    写真で見た顔が・・小野員裕さんだ。
    15年前の小野さんの著者「絶品カレー食べ歩きガイド」で紹介の成増「Day Break」、訪問したらすぐ閉店しちゃったよな・・なんて思い出しながらいただきました。
    小野さんは同い年らしいので勝手に親近感をいだいてます。
    ちなみに元祖?ラーメンライターの大崎裕史さんも同い年、頭髪は小野さんだけがたくさん残ってる?

  2. 「Dry Break」ありましたね。成増に40年とは長いですね。ところで大崎さんは早生まれで正確には僕より一つ年上だったような。この年になって一つや二つ、たいした違いありませんが。まだまだ食べ続けますよ。

    1. 大崎さんは私と同じ2月生まれらしいので、小野さんだけ学年ではひとつ下になるんですね。
      たしかその私の次の学年から共通一次が始まり、幸い現役で入学できたのでそれは受けずにすんだ思い出が。
      その時成増のアパートを借り、次に隣の和光市に移り、また成増に戻ってと2回しか引っ越しせず現在20年同じアパートに住んでます。
      頭髪はもっと前に不自由になりましたし、腹回りも不自由に・・食べるのはあまり自由にできかねます。

  3. 川沿いの高田馬場は、熱いか寒いかの記憶しか残っていないのですが、行列しやすかったのですね。

    1. 確かに並びやすかったし、文句を言う人はほとんどいませんでしたね。いまは大変なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA