成増「べんてん」やっと行ってきました。そして行列の並び方


dsc06372

やっと時間ができたので、開店3日目の水曜日「べんてん」に行くことができた。到着時間は11時20分。20人ほどの行列で、どこに並んでいいのか一瞬戸惑った。

dsc06371

【行列の並び方】

店の前には10人まで。その人数を超えると店から見て交差点の対角線側、駐車場のあるフェンスのある側に並ぶ。仮に店の前に並んでいる人が1人入店した場合、駐車場のほうから1人店側へ移動するというシステムだ。

※駐車場のあるフェンス側から見た店側

dsc06367-1

※店側から見た駐車場のフェンス側

dsc06368

およそ1時間で店内へ。知った顔が何人かいた。

dsc06373

注文したのは「ラーメン+メンマ+みそ」1200円。

dsc06374

「麺の量どうする?」

「並でどのくらいですか?」

「並で230ぐらいかな、中で320ってとこかな」

「じゃ中の少なめで。ところで顔が疲れてますね」

dsc06379

「そうだよ。隣のタバコ屋さんの前に50人ぐらい並んじゃって、ありがたいけど、大変だったのよ」

隣のタバコ屋さんに「店が開けられない」と、きつくお叱りを受けたようで、先ほどの並び方になったようだ。

「日、月って岡部が手伝いに来てくれて助かったよ。彼は義理堅いよ」

岡部とは西早稲田の「としおか」の主人のこと。

「プレオープンの時、スープの味がどうしてもブレちゃって、納得いかなくてさ『ラーメンウォーカー』の人たちに食べさせてあげられなかったのよ、小野ちゃんから謝っておいてよ」

「わかりました」

そしてインターバル2年の待望のラーメンの登場となった。

dsc06387

スープを一口「旨め~!」確かな美味しさ、やっぱこのラーメンはレベルが違う。麺もいい具合の茹で加減、前よりブラッシュアップしたような。

img_2333

【変わったもの】

●肩ロースの焼豚が前のものより2ミリほど厚くなった。

●レンゲが大きくなった。

dsc06376

dsc06389

次にミソを乗せて、徐々に溶いていくと味噌ラーメンに早変わり。これもいい。

このミソは田中さんも僕も通っていた、今は亡き赤羽の「燕京飯店」の味噌ラーメンからヒントを得たものだ。

「ごちう様でした。余裕できたらまたあの定食屋行きましょうよ」

「了解、ありがとね」

定食屋とは成増駅の商店街にある「やまだや」のこと。ここ旨いのよ。

dsc06390

〈店舗データ〉

【住所】東京都練馬区旭町3-25-2 電話未定

【営業】水曜日~月曜日 11時~14時30分

【休日】火曜日

【アクセス】東武東上線「成増駅」南口から徒歩4分

地下鉄有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」1番出口から徒歩2分


「成増「べんてん」やっと行ってきました。そして行列の並び方」への4件のフィードバック

  1. べんてん 復活 大変ありがたいです。
    思春期の時代に、ラーメン 中盛りに挑戦して撃沈した謝る私に、ラーメンはキツいよ(笑)次はつけ麺で挑戦してみてねと優しく言われてから早20年….
    今でも黙って味玉入れてくれて、顔を覚えてくれるマスターに惚れてます。
    最後の日に行けなかったので、今度必ず行きます!
    小野様のお陰で楽しみが増えました!
    本当にどうもありがとうございます。

    1. 田中さんも60過ぎて、新店舗は体力的に大変のようですが、ファンにとってはありがたいことです。

  2. 本日、遅ればせながら新生べんてんに 参ることができました。
    ここに記された文章を読んでいたおかげで、斜め向かいの最後尾の方に迷うことなく接続することができました。
    待っているときに外に漂う香り、腹いっぱいに食べた後も心地よい後味、高田馬場時代と変わりありませんでした。
    「ごちそう様でした」と申し上げた後に、田中さんから「いつもありがとうね」とおっしゃっていただいたときに、懐かしい気持ちを抑えることができませんでした。

    田中様・小野様ありがとうございました!

    1. 迷わず並べてなによりです。まだつけ麺を食べてないので、近々また行く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA