志村三丁目「栄楽」中華屋なのにトンカツの美味しさにもビックリ。サックサクで脂身がジューシー。


町外れにひっそりと佇む「栄楽」。前回、ラーメン各種、炒め物、餃子、どれもスキのない美味しさだと、前にこのブログ紹介した。そこにメールを寄せてくれた方から、

「カツライスも秀逸」

とのお知らせがあった。

「へ~、知らなかった」

よっぽどのことがない限り、多くの人は、中華料理屋でトンカツは注文しないもの。

いつものように、近所のディスカウントショップ「オリンピック」に寄った帰りにまた訪れた。

ご主人に、

「なんかここに来るお客さんだと思うんですけど、カツライスが美味しいって」

「たぶんあの人だな、いつもカツライスばかりだから、他の物も美味しいよって勧めてるんだけど。実はね、自慢なのよ。食べてみる」

「ええ、ぜひ食べたいです」

綺麗なロースの塊を見せてくれる。

「これいい肉でしょう。脂身の入り方がちょっと違ってね」

牛刀で一枚切り出すと、丁寧に隠し包丁。塩、胡椒を軽く振り、小麦粉、玉子、そして生のパン粉は、楊枝のような大きな形状。

「これ自家製でね、食パンの耳は落としてかなり粗めに作ってるのよ」

低温の油でじっくりと揚げる。皿に、キャベツ、油落とし用の網まで用意している。トンカツ屋じゃないのにビックリ。その上に分厚いカツをデコレート。凄い。中華屋なのにここまでするのかと感心させられた。

ご覧ものがそれ。

※カツライス900円

一口、

「超旨い!」

この手のとんかつはあまり出会ったことがない。分厚いカツはしっかりと火が入り、サックサクの衣、脂身がジュワ~、軽やかで美味しいのだ。これ下手なとんかつ屋も脱帽の仕上がり。最近は牛肉よろしく、レアな火入れ加減が多いけど、豚肉の場合は熱が入っている方が肉の旨味を感じる。

「カレーもね、他とは違うのよ」

※自家製のラッキョまで、すごいね。

とサービスでカレーの小皿を提供してくれた。これも旨い。いわゆる片栗粉でトロミをいれたもので、独特な味わい。

「この店始めたとき、まわりからすぐに潰れるなんて言われて、頑張ったのよ。40年前当時、麻婆茄子をメニューに入れて、こが好評でね」

ご主人は四川料理屋で修行していたとか。40年前に麻婆茄子は巷で見かけることなかったし、真新しいメニューだったに違いない。

※ボクはまだ食べてないけど、友人から提供してもらった麻婆茄子の写真。いま流行りの味付けとは違い、優しい家庭的な味わいとか、穏やかに美味しくてご飯がすすむそうだ。

いずれにしてもこれだけクオリティーの高いメニューを提供する町の中華屋は滅多にない。

【住所】東京都板橋区坂下1–29–17 電話03–3960–6280

【営業】11時~21時

【休日】日・祝

【アクセス】都営地下鉄三田線「志村三丁目駅」から徒歩8分

東京都板橋区坂下1–29–17

「志村三丁目「栄楽」中華屋なのにトンカツの美味しさにもビックリ。サックサクで脂身がジューシー。」への2件のフィードバック

  1. 先日、特上焼肉定食(つまり生姜焼き定食)、レバニラ炒めを連日食べましたが、かなりおいしかったです。

小野 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA