志村三丁目「安べえ」のスタミナ塩ラーメン&餃子


DSC02490

「安べえ」は、都営三田線「志村三丁目」と「蓮根」の中間ぐらいにある住宅街の中にポツンと佇むラーメン専門店。店内は左手にL字のカウンターと右手がテーブル席となっている。

醤油も味噌、塩どれもいいけど、ここに来るとついつい頼んでしまうのが「スタミナ塩ラーメン」、今回は味玉つきだ。

「熱いので気をつけてくださいね」

DSC02483

スープの表面を覆うのは、ニンニクと長ネギが、おそらくラードで焙煎されたもの。だからいつまでも熱々を保ってくれる。一口、さっぱりとした塩に力強く香ばしい風味、ストレート麺にそのスープがよく絡みつき、ズルズルが止まらない。塩梅のいいほどよい歯ごたえの焼豚、合間にチンゲン菜やメンマで口中をリセット、再び麺に食らいつき、あっという間に完食。

本来のスープは一般的な鶏ガラベースに豚ガラ、魚介の乾物などが入っているのだろうが、どれも前面に出ることなく中庸を保っている。極端な主張がないので、ふとした時にまた食べたくなる、そんな味わいだ。

DSC02485

また餃子も旨い。ほどよく肉汁したたり、下味がしっかりつかられた味わいだ。

ご夫婦とも人柄よく、まるで門仲の「こうかいぼう」を思わせる接客姿勢。これも美味しさに加味される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA