御茶ノ水「ホンカトリー」穏やかなスパイス感、独創的なデコレーションの美味しいカレー。ご主人も味わいがある。


「馬場にあるベルギービールバーのマスターの知り合いが、湯島でカレー屋やってるって聞いたんで行ってきたんですよ」

「なんて店?」

「『ホンカトリー』って店で、なんか面白い店で、カレー美味しかったですよ。行ったことあります?」

「前から店は知ってるけど、まだなんだよ」

と友人の千ちゃんからの情報。この「ホンカトリー」の隣に「江戸富士」というランチで海鮮丼を売りにしている店があり、ここを訪ねた時に認識していた。でもこの辺りに来るとついつい「大至」でラーメンを食べてしまい、行きそびれていた。

開店前にボク1人。相変わらず「江戸富士」には行列ができていた。11時ちょい過ぎにオープン。

「どうぞ」

と40半ばのヒゲにメガネのご主人。店内には何かのフライヤーがテーブルや壁にデコレートされ、その奥にL字のカウンター9席となっている。打ちっぱなしのコンクリートの壁面、極めて綺麗な内装で、またゆったりとしている。

「今日は焼き小エビと塩豚です。焼き小エビはこれですね」

とご主人が袋に入った九州産の焼きエビを見せてくれる。初めての店なので、焼き小エビは冒険だと思い、

「塩豚お願いします」

となった。厨房の中も清潔で、なぜか保温機ではなくコンテナにライスが移してあった。カレーを作る作業を眺めていると、ライスにパプリカ主体のブレンドスパイスをふりかけ、そこにいろいろな添え物をあしらってゆく。

「はいどうぞ」

バスマティライスの上にはゴーヤ、ズッキーニ、シリアル、煮干など、ボール型のものはヨーグルトソースがかかったファラフェル(中東のひよこ豆のコロッケ)。なんだか面白いね。

カレーは別皿にたっぷり。一口いただく、

「う~ん美味しいね」

突出したスパイス感はなく全てがうまい具合に融合。仄かな酸味、控えめな塩気、軽やかな旨み、穏やかに旨い。

ふと、新宿3丁目の「草枕」と神田の「葡萄舎」のカレーを思い出した。どこか似ている。

「いま新玉ねぎのシーズンなんで、水気が多いんでそれに合わせてカレー作りました」

と何気なく話し出す。主人は見た感じとっつきにくそうな雰囲気なんだけど、真逆。

「メニューは日替わりですか」

「3、4日で入れ変わりますね」

「店始める前はなにされてたんですか」

「海外ビールの輸入販売してたんですよ。カレーは独学ですね。まあレシピ本もちょっとは見ましたけど、自分の心になんか伝わってこなくて、ほとんど見てませんね」

「このカレーホント美味しいですよ」

「そうですか。ちゃんと勉強してないから、落としどころがわからなくて、日々進化しているっていうか、迷走してますね」

とのことだ。なんだかここの主人面白いヤツだ。

※コレがファラフェル。

煮干も不思議にこのカレーに合うし、ファラフェルもホクホクで旨い。この店通いたくなった。

「今度来た時はたぶん全く違うカレーになってるかもしれませんよ」

「迷走しているからでしょう。ブログ載せますんで顔写真いいですか」

「やめてくださいよ、ボクの顔が載ってたらお客が来なくなっちゃいますよ。ハハハ」

なんだかほのぼのとしてしまった。

〈店舗データ〉

【住所】東京都文京区湯島29 電話なし

【営業】11時~19時 土11時~18時

【休日】日・祝

【アクセス】JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩6分 地下鉄「丸ノ内線「御茶ノ水駅」1番出口から徒歩6分 東京メトロ千代田線「湯島駅」5番出口から徒歩7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA