幡ヶ谷「スパイス」地元に愛されるスパイシーで穏やかに旨い、洋食スタイルのカレーライス。


幡ヶ谷にはランチを食べに来るだけで、この辺りで飲んだことがない。カレー屋だと「カリヒオ」、「青い鳥」。ラーメン屋だと「金色不如帰」、「福丸」、「弥彦」といった店にお邪魔している。そんな店の一つが「スパイス」だ。ここを訪れるのは何年ぶりだろう。

気の優しいおばちゃんが出迎えてくれる。入れ口脇に2人席が1卓。奥、4人席のテーブルが2卓、2人席が4卓といったスペース。

この日は「エッグ入りビーフ&チキン」730円をオーダー。ライスを中央に手前が褐色のビーフ。

一口頬張ると滑らかな舌触り、仄かにビターでコクと奥行がある、ちょい大人の味わい、洋食スタイルのカレーで実に旨い。

キンは極めてスパイシーで、旨味充実。

双方のカレーに半身の茹で玉子が忍んでいる。

「う~ん、変わらず美味しいな」

洋食と家庭的な味わいが混在し、さらにスパイスが巧みに使われているカレーライスとでも言おうか、この味わいクセになるんだな。またボリュームも満点で、そこそこリーズナブル、若者、学生にはありがたい。この店、近所にあったらありがたいな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都渋谷区西原228 電話0334601843

【営業】11時~20時

【休日】月

【アクセス】京王新線「幡ヶ谷駅」南口から徒歩2分

東京都渋谷区西原2–28–2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA