巣鴨「プルジャ」正真正銘のネパール料理


巷ではインド料理をメインにするネパール料理屋が大半を占めるなか、ここは正真正銘のネパール料理が堪能できる唯一の店「プルジャダイニング」。

DSC01761

「誰も知らないネパール料理なんて、ダメだってみんなに言われたのよ。でもお母さんから教わった料理をみんなに食べてもらいたかったの」と店主のプルジャさん。

120311_1254

かつて池袋で「味家」というネパール料理屋をやっていた頃から、ここの味に魅せられたファンは多かったが、訳あって撤退。その後巣鴨で「プルジャ・ダイニング」として復活。当時のファンも待ち焦がれていたのだ。

人気メニューはなんといってもここでしか味わえない「ティード」だ。

DSC01764

これはネパール産の蕎麦の全粒粉とヒエ粉を2対1の割合で混ぜ合わせ、熱湯で練った日本の蕎麦がきのようなもの。誰もが「蕎麦がきでカレーかよ!」って思われるかもしれないけど、これがカレーと抜群の相性だ。スプーで食べてもいいけど、手でちぎってお好みのカレーに浸してパクリ、これがいい。蕎麦のほのかな香り、もちっとした舌触りがたまらない逸品。

そしてもう一つの珍しいメニューが「チウラ」だ。

DSC01766

これは米を蒸してから煎り、潰して乾燥させたもの。言ってみればライスフレークで、パリパリとした食感は実に心地よい。またどのカレーもスパイシーながら辛味は程々で、濃厚でさっぱりとした美味しさに魅了される。

DSC01769

その他、ネパール餃子のモモ、

DSC01775

お酒がすすむメニューも豊富で、スクティー(干しマトン、ビーフジャーキーのようなもの)これを使った「干しマトン肉のスパイス野菜炒め」はつまみに最高。

DSC01778

お勧めのリキュールはネパール産のラム酒やネパールビールのストロングな喉越しの「ムスタン」や、ライトで甘口な「ネパールアイス」がいい。

店主プルジャさんの屈託のない人柄と、ネパール料理の美味しさに魅了されたファンが、週末に集い賑わっている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA