川口「かねかつ」手動製麺機でこしらえる麺と清らかで奥深いスープ。相変わらず旨い!


電車でもいいんだけど、「川口駅」西口から10ほど歩くので、この日は友人と連れ立ってクルマで再訪した。

店内は狭小でカウンター5席のみ。「手打ちわんたんめん」1000円と「らーめん」800円+「得肉三昧」500円をオーダーして2人でシェアすることにした。

この店が面白いのは注文が入るとまずは麺を平たく伸ばし、小型の製麺機で麺切り、1玉ずつ麺を揉む。そして雪平鍋にスープを沸かす作業、手間暇がかかっている。

ワンタン麺のスープの表面をおおう鶏油が上質で優れている。スープは微かな酸味がありいわゆる清湯本来の味わい。

麺は手打ちなので加水が高く、麺をすすると滑らかで丁度いい噛みごたえ。

ワンタンも手打ちゆえ、皮の歯ごたえしっかり、ひき肉は自ら肉の塊を叩いて作っているようだ。相変わらず旨い!

得肉三昧をトッピングしたラーメンは、どれも低温調理された肩ロースの焼豚、茨城産ハーブ豚のバラ肉の焼豚、鶏むね肉の煮鶏が各3枚ずつ。

どの肉もほどよい柔らかさでまた軽やかな口当たり。この清らかなスープに、各種焼豚の雑味が塩梅よく加わることによってまた味わいが変化する。化学調味料を一切使わずにこの旨味のスープを抽出しているとはすばらしい。ちょい遠いけど、また食べたくなるんだな~。

〈店舗データ〉

住所】埼玉県川口市飯塚21423 電話非公開

営業】11時~14時30分 18時~21時 月曜日は「つけめん」の専門店として営業

休日】金

アクセスJR京浜東北線「川口駅」西口から徒歩10分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA