大井町「牛八」牛友カレーの生き残り唯一の店。懐かしの牛丼カレーを美味しくいただきました。


大井町に用があるとしたら、トンカツの「丸八」、ラーメン屋だと「永楽」、「吉兆」、「丸八そば店」、洋食屋だと「ブルドック」、閉店したけど「ミカサ」かな。居酒屋も何軒か行ったけど印象に残る店はなかった。

そんな中、ず~っと気になっていた店がある。店の前まで来るんだけど、いつも思いとどまっていた。

そしてある日、意を決して「牛八」に入店した。ここはかつて「牛友」という牛丼とカレーを提供していたチェーン店の生き残りで、ボクがよく訪れていたのは中野南口、駅前ビルの3階だったかな、20代の頃よく通っていた。方々の友人の情報だと、練馬富士見台、川崎の溝の口、元住吉、目黒学芸大学にあったそうだ。どこか「カレーのボルツ」にも似ていて、このチェーン店も方々にあったけど、いまは神田錦町と千葉の習志野の2軒飲だけになってしまった。

店内は立ち食いスタイル。ご主人1人で切り盛りされている。

「え~と牛丼カレーの中で生卵、辛口にしてください」

「は~い」

ものの数十秒で登場。この相盛りのジャンクな絵姿、懐かしいな~30数年ぶりだ。

また量が半端じゃない、小盛りで良かったような…。

まずはカレーを一口。

「ああ、この味だ」

突出したものはないけど、トロミほどよく旨味が適度、辛味もいい。いつ食べても飽きのこない美味しさだ。

牛丼は極めて薄いバラ肉、ほどよい塩加減で、適度な甘味、恐らく「吉野家」の次に旨いと思う。そしてカレーと牛丼を一緒に頬張るとまた旨いね~。付け合せの紅ショウガの塩気と酸味がピッタリ。

生卵を溶きほぐしていただくと、さらに味わい深い。メチャメチャお腹いっぱいになった。

「美味しかったです」

「ありがとうね。お水大丈夫かな」

「大丈夫です。この店何年やってるんですか?」

「古いよ~、53年になるかな」

カウンターに牛八の名刺があったのでもらって帰った。ご主人の名前が劉玉鈞さん、中国の人なのか。でもまったく訛りがなかったなしかし劉さんお幾つだがわからないけど、若いな。次はスタミナカレーだな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都品川区大井120 電話0337765994

【営業】11時~翌1時
【休日】休 13日曜

【アクセス】JR京浜東北線ほか「大井町駅」西口から徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA