夏の酷暑を心地よく過ごすスタミナランチ、新宿特集 ニラレバ編


DSC05381

ホルモン系も酷暑をしのぐにはもってこい。焼肉屋、ホルモン焼き屋も当然いいけど、ランチならやっぱレバニラ、中華だね。精力のつきそうなタンパク質レバーとスタミナ源アリシンが含まれる独特な匂いのニラの組み合わせ、このネーミングだけで力がみなぎる。

レバニラなのかニラレバなのかって悩むけど、どっちが正しいのか? 地方によっても違うようだけど、ニラとレバーの比率なのか、レバーが多い場合はレバニラ…。まぁどあでもいい。しかしレバニラってマジでおいしい店を探すのが難しい。街の中華屋には必ずあるメニューなんだけど、レバー特有のクセがあったり、味付けが極端に甘かったり。そんな中、比較的食べやすい店と、ほどほどに旨い店をピックアップしてみた。

レバーはちょいクセがあるけど、馴染みの味わい「昌平」

DSC05537

西口青梅街道沿いにある「昌平」のレバニラは単品で600円、まあ、これはごく普通の味わいで、ニラは少なめでモヤシたっぷり、値段も手頃。でも若干レバーのクセが抜けていないのが残念、この店ラーメンや餃子はメチャメチャうまいんだけどね。

定食屋の理想的なニラレバ「とよま」

DSC05381

歌舞伎町のちょいはずれにある定食屋「とよま」はいい店なんだよね。席は全て座敷で、どこか居酒屋風情。ニラレバ定食800円は、新宿にあるレバニラのなかで最も理想的な姿だ。どの店もモヤシなどの野菜でかさ増ししているけど、ここはニラとレバーだけ。でも味付けがかなり甘めでもったいない。その他の定食は申し分ないんだけどね。

コスパ、いい味付けで文句なし「福しん」

DSC05580

新宿で輝けるニラレバは、チェーン店「福しん」のA定食「ニラレバ」630円だ。新宿には「新宿お滝橋店」と「新宿ぺぺ前店」の2店舗ある。

IMG_0690

基本チェーン店は紹介したくないんだけど、ニラレバに関しては旨いから仕方がない。中華のように片栗でコーティングして油通ししているわけじゃないけど、タレの塩梅がいいし、レバーのボリューム満点、この味付けコスパとも申し分なく、個人経営の中華屋も見習ってもらいたい。

四川料理屋のニラレバ風情のラム炒め「川香苑」

DSC05610

イレギュラーで、歌舞伎町桜通にある四川料理「川香苑」の「ラム肉の香菜辛炒め」もいい。ニラレバに似た風情で、たっぷりのラム肉と長ネギ、香菜を四川風に豆鼓、生唐辛子などで炒めたもので、これもスタミナがつきそうだ。

ちょい値段は張るが無難な味わい「北京飯店」

DSC05969

新宿御苑にある「北京飯店」。サラリーマン、地元商店主などが集う中華屋。気のいいおばちゃんがフロアーを和ませるアットホームな店だ。ここのニラレバ定食970円もいい。ちょっと値が張るがボリューム満点。味付けはオーソドックスで、誰が食べても美味しいと感じる一品だろう。

ちょい塩辛いけど実に美味「天華」

DSC05952

「新宿中央公園」そばにある地元に人気の中華屋で、昼時は行列だ。ここのニラレバは760円。レバーに下味をつけて片栗粉でコーティングし、油通しされたもので、そのツヤツヤな色合いは食欲をそそる。

IMG_1499

味わいは極めて美味。だけどちょい塩辛いのが難点。全て中国人のスタッフながら、ホスピタリティーの高い店で気分よし。なぜかヤクルトがついてくるのも嬉しい。

DSC05955

名物は上海焼きそばなど、また破格の200円餃子もうまい。

次回「新宿スタミナランチ」は「冷やし麺」でフィニッシュだね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA