堀切菖蒲園「スパイス喫茶コーヒーロー」穏やかな味わいの南インド風カレー、実に旨し。


堀切はちょい馴染みの町だ。初めてこの地に降り立ったのは「弁慶」という背脂系のラーメンを食べに来たのが始まり、30年ぐらい前かな。

久しぶりに来たらカレー専門店「アルー」の暖簾が黄色に変わっている、前からだったかな…。

それと「哈爾濱餃子」が休業中、オジちゃんかオバちゃんの具合でも悪いのかな。居酒屋だと焼きトンの「のんき」はたまに行く、この近所にあった居酒屋の名店「水トク」は、ご主人が他界して閉店したんだけど、店の前までいったら看板が下ろされていた。

「先週まで看板あったんだけどね」

と自転車で通りかかったオバちゃん。

「そうなんですか」

どうやら人が住めるように改装しているようだった。

ある日、この近所に住む友人から、

「光陽楼って中華屋がさ、カレー屋に変わったんだよ、一応小野に伝えておこうと思って」

と去年の話。で最近訪れることが出来た。

ビンテージモダンとでも言おうか、それぞれ姿形の違う洒落たテーブルやソファー、椅子がデコレートされている。

メニューは「スパイス定食」1200円、「チキンカレー」850円、「ポークビンダルー」900円、「あさりカレー」900円、「ハンバーグカレー」900円、「豆野菜カレー」150円とある。

「スパイス定食って、これミールスですかね」

「ええ、それ風です」

「う~ん、チキンカレーに豆野菜カレーつけて下さい」

「はい、かしこまりました。パクチー大丈夫ですか」

「大丈夫です」

左手下がチキンカレー、その上が豆野菜カレー。右手にパパドゥ、ライスの横にはキャベツのポリアル、豆のサブジー風かな、それと玉ねぎのアチャールとなっている。

「なんかこのカレー記憶にあるな…」

これ南インドカレーのようだ。ブラウンマスタードの浮かぶチキンを一口味わうと、微かにココナッツの風味、穏やかなスパイス感、軽やかな旨味、実に美味しい。

次に豆野菜カレーをいただくと、これラッサムやサンバル風のスープ状のカレーで、クミンの仄かな風味が心地よい。

パパドゥを粉々にしてライスにすべてのカレーをかけていただくと、混然となった旨味と風味が折り重なって食欲が加速する。このカレーは実にいいね。

後で調べてみたら森下にあった居酒屋「上亀」の日曜限定のカレー屋が、ここに移転してきたそうなのだ。この店は森下に住む友人から教えてもらった店で、一度だけ入ったことがあった。だから朧げな記憶があったのだ。

次は「ポークビンダルー」かな、いやいや、ハンバーグもアサリも気になる。また来なくちゃ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都葛飾区堀切55 電話0366625576

【営業】11時30分~21時

【休日】

【アクセス】京成線「堀切菖蒲園駅」から徒歩3分

東京都葛飾区堀切5–5–5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA