四谷3丁目「番狂わせ」アートスナックでベジタブルビリヤニをいただく、メチャ旨かった。


「荒木町の『番狂わせ』でビリヤニやるんですけど来ませんか」

と、飲み友のヤギちゃんからのメール。彼のインスタにこの店のインドカレーが載っていて前々から気になっていた。

四谷三丁目駅から新宿通りを四谷方面へ。「杉大門通り」を過ぎた「力車門通り」を入って最初の筋を右折すると右手に「アートスナック番狂わせ」が現れる。ヤギちゃんより早く到着。

「いらつしゃい。どうぞ」

店内はカウンター7席ほど、2人のテーブル席が1卓といったスペース。想像していたより狭かった。とりあえずビールで喉を潤し、ジャスミン割に切り替える。

カウンターには2人の女性、先客が男性2人。彼らの話に耳を傾ける。どうやら単館系の映画の話で盛り上がっていた。

「お客さん初めてですか」

「そうです。ヤギちゃんに誘われて」

「あら彼のお友達ですか。それはそれは」

暫くするとヤギちゃんの登場、彼はいきなり日本酒、乾杯した。

この店は曜日で女性スタッフが入れ替わるようで、本日は江戸川ずるこさんという方が担当。寸胴でビリヤニを仕込んでいる最中。

「もうちょっとなんだけど、今日あまり出来が良くないかも」

と心配気。30分ほどで出来あがり。今日のビリヤニは「ベジタブルビリヤニ」、「甘辛チキン65」、「ジンジャーライタ」、「レンズ豆のスープ」1000円だ。

ビリヤニにはインゲン、人参、ブロッコリーに加え珍しく生のカレーリーフが入っている。

※ちょいピントが外れてスマン。

「そのカレーリーフ、家で栽培しているものなの」

とずるこさん。一口いただくと炊き具合も丁度よく、穏やかなスパイス感、軽やかな旨味、そして塩気がドンピシャ。

「これ美味しい」

「ありがとうございます」

レンズ豆のスープも上出来。甘辛チキン65は嫌味のない甘口でスパイシー、これも非常に旨い。

これどこかタンドリーチキンにも似た味わいだ。ジンジャーライタもいい塩梅だ。

ずるこさんに伺うと料理は独学、方々の店を食べ歩いているようで、やはり食いしん坊は美味しい料理を作るものだ。

「前にやった南インド料理やタイ料理も美味しかったんですよ」

とヤギちゃん。なるほど彼女はセンス抜群だ。

「最近〇〇〇のカレー食べたんですけど、なんかピントがはずれてるみたいで」

とずるこさん。

「その通り、最近ボヤけた味だなってオレも思ってたんだよね」

ボクと全くの同意見。暫くすると彼女のビリヤニを求めて客が押し寄せる。この味わいなら頷ける。ホントに美味しかった。また来なくちゃ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区荒木町3番ソシアルアラキビル1階

【営業】11時30分~23時 

【休日】日・土曜不定休

【アクセス】地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目駅」4番出口から徒歩4分。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA