吉祥寺「一圓」深い旨味のスープと滑らか麺、そして超巨大餃子の競演。


吉祥寺に用があるとすればなんだろう? まだ行ったことはないけど「ジブリ美術館」これいまんところの課題。それと「いせや」で飲む、そのぐらいか。若い頃はただこの界隈を徘徊するのがちょっとは楽しかったけど、もはや打ち合わせなどがない限りまず訪れない街だ。久々に来たら、お嬢さんオバ様のま~綺麗でセンスのいい人が多こと、目の保養になる。

「一圓」はホントに久しぶり。知らない間に行列が並ぶ人気店になっている。この日は「拉麺」630円と「焼餃子」500円をオーダー。「味噌拉麺」も美味しいんだけど、気分は醤油だった。

店内はコの字のカウンター13席、今日は祝日だからかカップル客が多い。

「餃子が焼き上がるまで10分ほどかかりますけどよろしいですか」

「はい大丈夫です」

やや乳化したちょい白濁スープは、旨味の深い味わい。

ストレートで細めの自家製麺は極めて滑らかだけど、ややい茹で過ぎかな。もう30秒ほど早めに上げたほうがもっと美味しくなるはず。

余計な味付けがされていないメンマ、ほどよく味の入った焼豚が旨いね。

餃子は超巨大、いつも思うんだけど、1人じゃ多過ぎ、2個セットとかあればいいな。

薄味で野菜がかなり多め、ゆえに酢醤油にしっかり浸していただくのがベスト。八重洲の「泰興楼」、銀座「天龍」に負けない大きさで、箸で持ち上げるのが一苦労。

いずれにしてもいつも安心の美味しさ。いつ来るかわからないけど、今度は味噌と、まだ食べたことがない白金豚焼餃子に挑戦しよう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-2 電話0422225919

【営業】11時~21時

【休日】水曜日

【アクセス】JR中央線・井の頭線「吉祥寺駅」北口から徒歩4分

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-2

「吉祥寺「一圓」深い旨味のスープと滑らか麺、そして超巨大餃子の競演。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA