仙台「白頭山」路地裏に佇む燻銀の焼き肉屋。この店気に入った。


前回紹介した仙台青葉区一番町の居酒屋「なかなか」で盛り上がったあと、お邪魔した。この店に来る前に界隈を徘徊していて2番目に気になっていた店を目指す。怪しい路地の一角にある焼肉屋「白頭山」の暖簾をくぐると、70半ばの笑顔のおばちゃんが出迎えてくれた。

「いらっしゃい。好きなところに座って」

肉やホルモンの煙で燻されて茶色く煮染った店内は、なんとも味わいがある。

右手にカウンター3席ほど、そこに客が1人。板の間はわりと広く適当なところを陣取る。

メニューは壁に貼ってあるだけ、とりあえずビールで乾杯。

「カルビ、ホルモン、ミノ、キムチ1人前ずつください」

「は~い」

常連だろうか、カウンターの客が楽しそうにおばちゃんと語り合っている。

「これ1人前かよ!」

「やたらボリュームあるな」

「この盛りで950円ですよ」

瀬戸の深皿に盛られたカルビとホルモン、その絵姿が美しい。肉質や味わいもほどよく実に美味。次に「ミノ」が運ばれてくるが持ってきたのは常連のカウンターのお兄さん。

「すいません」

「いえいえ、ゆっくりしていって下さい」

ミノの上には新鮮なナス、その上に白ゴマが散りばめられて、これまた食欲をそそるデコレーション。一口いただくとこれも美味。だけど、

「もう腹に入らないよ」

2軒目なので腹がパンパンだ。途中焼酎の梅割りに切り替える。

「この酒効くわ~」

しばらくするとぞろぞろと学生が入ってくる。

「食べかけですけど、よかったらこれどうぞ」

とミノをお裾分け。

「ありがとうございます」

煙がモクモクと立ち込めるなかで、ひたすら酒を煽る。

「この店いいですね」

「だね。近所にあったら通っちゃうな」

「明日早いからこのぐらいにしておくか…」

お勘定をすると3000円ちょっと。

「安!」

わざわざおばちゃんが見送りに出てきてくれたので写真をパチリ。

 

「どこからいらしたの」

「東京です」

「あらま~。わざわざありがとね」

このおばちゃん大好きだ。

〈店舗データ〉

【住所】宮城県仙台市青葉区一番町4-1-17 電話0222226808

【営業】18時~23時ぐらいかな

【休日】休日不明

【アクセス】仙台市営地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口から徒歩2分

宮城県仙台市青葉区一番町4-1-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA