仙台「なかなか」仙台の繁華街一番町でいい居酒屋に巡り合った。


山形県鶴岡のラーメン屋を訪ねる前日、仙台の青葉区にいた。繁華街の国分町、一番町を3人で小一時間ほど徘徊する。宿を早い時間に出たことと、日曜日ということでやっている店はまばら。

「良さそうな店は全滅だね」

「あれ、ここどうかな

目に留まったのが今時風情の小さな酒場。

「まだ新しい店みたいだな、焼き鳥だね

「入ってみますか」

なにか惹きつけられるものがあって吸い寄せられた。2階席があるようだが、1階はカウンター5席の狭小スペース。岩手と秋田出身の兄さん2人で切り盛り。

お通しは「縮みほうれん草お浸し」。焼き鳥が売りのようだが、この日は3人魚介の気分だった。

まずは生ビール。さっそく注文したのが「真鱈の白子」(撮ったはずだけど写真がない)をいただくとバツグンの美味しさ。

「いままで食った白子の中でコレ一番ですね」

とボンボン社長。確かに、こんなに旨い白子はお目にかかったことがない。

次に「吉次(キジキ)の煮付け」は関東で言うキンキのことだ。醤油、味醂の塩梅がドンピシャで脂がほどよく乗り、実に美味。

次に「ヒラメ刺し」、

「牡蠣の串焼き」、

仙台名物「牛タン焼き」を食らう。

「この牛タン、ヘタな専門店より旨いっすね」

と若林。いや~、うちらは鼻が利く、ここは実にいい店だ。両隣の客とも盛り上がる。

「ブログ乗せていいですか」

「いいよ、いいよ」

と2人。たぶん酔っぱらっているので覚えてないんじゃないかな。お勧めの日本酒を選んでもらう。

まずは「東一」(山田錦純米大吟醸)、

そして「廣戸川」(純米吟醸)、

次に「仙禽せんきん 雪だるましぼりたて活性にごり酒」、これ微発砲でいい、どれもいい日本酒だ。

酔っていたのでうろ覚えだけど、開店は3年とか6年とか言ってたかな。この居酒屋近所にあったら通っちゃうな。今回食べなかったけど、お兄さんたちのが作る焼き鳥もきっと美味しいに違いない。

「日曜日は基本休みなんですけど、予約が入ったもので急遽開けたんですよ」

とのことだった。この店いつかまた来たいな。

〈店舗データ〉

【住所】宮城県仙台市青葉区一番町4-7-7 電話022-263-7090

【営業】17時~翌1時

【休日】

【アクセス】仙台市南北線 勾当台公園駅 三越南出口から徒歩1

宮城県仙台市青葉区一番町4-7-7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA