中井「お茶ん」の魯肉飯(ルーローハン)閉店


SN3J1299

西武新宿線「中井駅」界隈を散策していると、「お茶ん」という店が目に飛び込んできた。メニューを眺めると「ありゃ、魯肉飯じゃないか」こりゃ食うっきゃない。

ありゃ、飛び込んでみたら女子向けカフェのテイスト。

DSC02792

「いらっしゃいませ」

たどたどしい日本語なので、

「台湾の方ですか?」

「いえ、オーナーが台湾で、ワタシは江蘇省の出身です」

とのこと。壁には「台湾大好き女子」のメッセージが書かれている。

「これ蛋餅(ダービン)ってなんですか?」

「甘くないクレープのようなものです」

「そうですか、じゃこの蛋餅のついた魯肉飯セット下さい」

東京で魯肉飯を出す店は5軒ほどかな、基本台湾料理屋なので、ほかの料理に夢中で注文したことがない。昔「鬍鬚張魯肉飯」(ヒゲチョウルーローハン)って店があって、そこへはよく行ってたんだけど。台湾で初めて食べた鬍鬚張魯肉飯本店はホントに美味かった、それと屋台で食べた担仔麺(タンツーメン)にも感激した。

DSC02796

DSC02797

で、登場したのがご覧のもの。タクアンがついてるけど、これ日本風じゃなくて、台湾の本店では奈良漬だけど、台湾のほかの店ではタクアンをたまに見かける。そして魯肉飯を一口、旨いね~。微かな甘味と五香粉(ウーシャンフェン)の香り、ちょいと濃口の味付けがいいしタクアンもピッタシ。でも、もう少ししっとりしててもいいかな? 次に蛋餅をいただいた。う~ん、溶いた小麦粉を焼いて、中に卵焼きを入れたもの。でもチーズ、ハム、コーン、ツナ入りもあり、これだったらバッチリだね。それとこのタレがいける、オイスターソースがベースになっているのかな。

久しぶりの魯肉飯だった。ごつそうさま。

DSC02791


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA