三ノ輪「角萬」大昔にタクシーの運転手に教えてもらった、「らーめん二郎」をホウフツとさせる蕎麦屋の「冷やし肉南ばん」通称「冷や肉」、これがクセになる味わい。


遠い昔、三ノ輪に用があり鶯谷からタクシーを拾った。

「ちょっと腹減ってるんで、三ノ輪の近所においしい店知りませんかね」

「いい店ありますよ。『角萬』って蕎麦屋で、『冷や肉』ってのがあって、週2日かは通ってますね。美味しいですよ」

こんな出合いだった。それからこの界隈に用があるとたまに寄っている。

この日は三ノ輪散策。「樋口一葉記念館」に寄って「鷲神社」でお参り。11時「角萬」の暖簾をくぐる。

「冷や大下さい」

「は~い」

「冷や大」1050円とは「冷やし肉南ばん」の大盛りのことだが、メニューには載ってない。普通盛りは1000円。訪れる客の9割が「冷や肉」、「冷や大」とフレーズが飛び交う。

極太のソバ、肉とネギがたっぷりと乗った代物で、その姿は「らーめん二郎」の蕎麦屋バージョンって感じ。

一口頬張ると、とてもじゃないけどツルツルとはすすれない。むしろ噛むのだ。ソバに到底見えない、まるで武蔵野うどんのようだ。その歯応えは力強く、ホントに顎が疲れてくる。出汁は仄かに甘めのキリっとした醤油、ソバを噛みしめ、肉を喰らい、ネギをいただく。そしてツユを飲み干し完食。

「あ~満足」

この「冷や肉」なんかクセになる味わいで、忘れた頃にふと無性に食べたくなるんだよね。

温かいバージョン「肉南ばん」1000円がこれ、見た目はほぼ一緒。

ソバは厨房の奥で自家製されているようだけど、ソバ粉1割に小麦粉9割? まったくわからないけど、昼時はいつも満席の人気店だ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都台東区竜泉313電話0338725249

【営業】11時~15時 17時~20時

【休日】日・祝

【アクセス】地下鉄日比谷線「三ノ輪駅」1b出口から徒歩6分 都電荒川線「三ノ輪橋駅」から徒歩9分 つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩10分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA