ときわ台「香雅」地元民しか知らない、抜群に旨い昔ながらの醤油ラーメン。背脂トッピング無料だ。


昔々、常盤台駅南口を降りた向かいのビルの3階に、音楽の貸スタジオがあった。20代の頃バンドをやっていて、ここをよく利用していた。その練習終わりに中華屋の「長栄飯店」、「華月園」などに寄って腹ごなしをしたものだった。その中にこの「香雅」もあった。

最近この界隈を食べ歩いていて「香雅」を随分としばらくぶりに訪れ、その料理の美味しさに改めて驚かされた。

とにかく一品料理は何をいただいても文句なし。特におすすめしたいのが「ラーメン(柳麺)」だ。

具はナルト、メンマ、海苔、たっぷりの刻みネギ、6分1カットの茹で玉子、肩ロースの焼豚とこれで500円とは破格だ。まずスープが旨い、深い旨みとコク、それでいて軽やか。ストレートの細麺は滑らかな喉越しで秀逸。

「メチャメチャ旨いな~」

としみじみとさせられる。

「餃子(鍋貼児)」400円は、抜群の美味しさ。カリっと香ばしく具はシットリで超アツアツ。

下味がほどよく入っていて、タレにつけてもそのままでもいい、久しぶりに旨い餃子に巡り合った。

厨房ではおばちゃん2人がここの料理をすべてこしらえているようだが、作っている気配を感じさせない何気なさ。途中お客さんが入ってきて、

「チャーシュー麺に背脂入れてください」

「えっ! 背脂なんてあるんだ…」

壁に貼ってあるメニューを観察すると「背脂」の文字を確認した。後日訪れて、

「ワンタン麺に背脂入れてください、それと焼売もお願いします」

と注文。ご覧のものがそれ。表面を覆う背脂、一口すするとこれもメチャ旨い。

清らかなスープをいい具合に汚す心地よさ、たっぷりのワンタンもチュルンとして旨いな~、これで650円とは恐れ入る。

焼売はキャベツの千切りとともに小ぶりな焼売が7つ、400円。

懐かしの焼売って感じだが、ちょいつなぎは多いものの豚肉とタマネギの餡は美味しいね。これ辛子醤油とウスターソースを交互につけていただいた。大満足だ。

またある日は「カツカレー」800円。

カリっとクリスピーなカツ、滑らかで旨味の深いカレーと相性ピッタリ。これもメチャ旨だ。

いずれにしてもこの「香雅」只者の中華屋じゃない。当時、なんでこの美味しさに気が付かなかったのだろう。

〈店舗データ〉

【住所】東京板橋区南常磐台2–8–3 電話03-3956-8998

【営業】11時~14時 17時~20時

【休日】月

【アクセス】東武東上線「ときわ台駅」南口から徒歩3分

東京板橋区南常磐台2–8–3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA