ときわ台「吉祥軒」炒飯復活、久しぶりにエビカレー炒飯いただきました。


前回、ご主人の腕の腱が断裂して半年ほどのインターバルを経て復活した話を紹介した。

でもまだ病み上がりで、炒飯などの激しく腕を使うメニューはまだまだだった。

この近所を徘徊している知り合いが、

「やっと炒飯が作れるようになった」

との話を聞いて、この界隈にくる機会を探っていた。近所のビバホームに用事があったので、その帰りにお伺いしたら、しっかり鍋を振っていて一安心。

「どうですか」

「いや~まあなんとかやってますけど、まだまだですね」

「それじゃ、今日はエビカレー炒飯お願いします」

シャカシャカシャカと小気味のいい鍋の音「おお、昔の感じが出てるな…」炒め終わるとちょいスープを注いで仕上げる。

ブラウンイエローに佇むいかにも食欲をそそる絵姿の炒飯。

一口いただくとシットリとしながらもパラパラの舌触り、やや大きなめなプリプリのエビの食感も心地よく、相変わらず鮮明な味付けに納得させられた。

「やっぱここの炒飯は旨いな~」

ちょいボリューミーだけど、あっという間に間食。この日の日替わり定食は「しめじと若鳥の四川風炒め」、ご主人がこしらえる炒め物も優れもの、これも食いたかったけど、なんせ1人なので。

「美味しかったです」

「いつもありがとうございます」

あ~満腹だ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都板橋区前野町2278 電話0353926139

【営業】11時〜14時30分 17時~20時30分

【休日】火・第3水

【アクセス】東武東上線「常盤台駅」北口から徒歩15分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA