カテゴリー別アーカイブ: うまい店紹介

門前仲町「宝家」夜は迫力のおまかせコース。昼は味わいのラーメン、定食が楽しめる。

「今日飲み会なのお忘れですか?」

えっ! と慌ててカレンダーを確認する。なにも書いていない。薄らと記憶が蘇る。ヤベー!

「今すぐ行きます。しばらくお待ちください」

とパンの評論家、福地寧子さんにメールした。

門前仲町駅から清澄通りを渡って裏路地に、お世辞にも綺麗とは言えない佇まいの中華料理屋「宝家」があった。

続きを読む 門前仲町「宝家」夜は迫力のおまかせコース。昼は味わいのラーメン、定食が楽しめる。

中野富士見町「白龍」住宅街にある人気の餃子。

タンメンと餃子って、なんでこんなに相性がいいのだろう。

カリっとした餃子を頬張りながら、野菜の旨味がたっぷり解け込んだ塩スープと麺をすする幸せ。これを交互に繰り返すひと時がたまらない。また、餃子が先に来ても、タンメンが先に来てもダメ。どっちも同時にテーブルに並ばなきゃ、このパラダイスは成立しないのだ。

続きを読む 中野富士見町「白龍」住宅街にある人気の餃子。

新木場「新木場食堂・丸惣」早朝からの営業、陳列された出来合いのメニュー100品から好きなものをチョイス、なんだかホロリと泣けてくる定食屋。

新木場や豊洲界隈はかつて材木問屋や物流の倉庫が立ち並ぶだけで、今もあまり代わり映えしないけど殺風景な場所だった。現在はウォーターフロントなんて洒落たフレーズにほだされて新規のマンションに移り住む人々が多く、賑わっているようだ。でも正直この辺を歩いているとちょい悲しい気分に陥ってしまう。

でもね、「丸惣」を見つけたときはキラキラと胸が高鳴ってしまった。

続きを読む 新木場「新木場食堂・丸惣」早朝からの営業、陳列された出来合いのメニュー100品から好きなものをチョイス、なんだかホロリと泣けてくる定食屋。

下井草「豚力」和風コクダシラーメンと、二郎風の美味しいラーメン。

二郎風のラーメンを売りにする「豚力」。最初に訪れた時は元々の店名が「なか星」だったようで、その店名をを冠する「なか星チャーシューめん」860円をいただいた。

続きを読む 下井草「豚力」和風コクダシラーメンと、二郎風の美味しいラーメン。

阿佐ヶ谷「スパイス・ラボ」穏やかに美味しい洋食スタイルのカレーライス。

阿佐ヶ谷にある「ブオーノイタリア」というオリーブオイル専門店でバージンオイルを購入して、あてもなく界隈をプラプラ。中杉通を鷺宮方面へ歩いていると「スパイス・ラボ」というカレー専門店を発見。

続きを読む 阿佐ヶ谷「スパイス・ラボ」穏やかに美味しい洋食スタイルのカレーライス。

中野「レインボウスパイスカフェチャイストール」立川のインドカレー専門店の支店がブロードウェイに進出。チャイも楽しめるカフェ。

中野ブロードウェイの地下にインドカレーの新店があると、近所に住む知り合いの舞台女優の友人から連絡があった。サンモールで買い物を済ませると昼飯時。さっそく目的の店へ。店名も分からず、店内のエスカレーターを降りると目の前にそれらしい店。表にはなぜか鉄瓶がデコレート、入口横には店名の入った戦闘機のキャノピー(風防みたいな透明なハッチ)が立てかけてある。

続きを読む 中野「レインボウスパイスカフェチャイストール」立川のインドカレー専門店の支店がブロードウェイに進出。チャイも楽しめるカフェ。

渋谷「亜寿加」ちょい塩辛いけど、たまに恋しくなる坦々麺、それと排骨もね。

渋谷駅南口から246にかかる歩道橋を渡って、階段を降りたすぐ右手に「亜寿加」がある。

年に数回ほどしか来ないので、前金制であることをすぐに忘れてしまう。ここは醤油、塩、味噌ラーメンなどあるが、基本、坦々麺の専門店といってもいいだろう。

続きを読む 渋谷「亜寿加」ちょい塩辛いけど、たまに恋しくなる坦々麺、それと排骨もね。

新板橋「珍来」二郎風のラーメンを上品に昇華させた美味しいラーメン。

「珍来」という中華屋は同名の系列店が3~5派ある。有名な1系列は埼玉を中心に北関東と東京は足立区界隈に30店舗ほどあり、よく訪れるのが川口店。もう一方は千葉を中心に10店舗ほど展開している。

新板橋にある「珍来」はどの系列かわからなかった。看板をよ~く観察すればわかるんだけど、ボクも珍来についてさほどウンチクがない。

続きを読む 新板橋「珍来」二郎風のラーメンを上品に昇華させた美味しいラーメン。

虎ノ門「HILO」なにをいただいても文句なしの美味しさ。サラリーマン、OLでいつも賑わう洋食屋。

この日は連れと新橋に野暮用がありプラプラ。目的の和食屋が改装中で西新橋まで徘徊。

「仕方ない、洋食にしようか」

日立愛宕別館ビルの地下一階に洋食屋「HILO」がある。この地下街ちょい寂しくて、飲食店は僅か3店舗。「新富鮨」は入ったことがないけど、中華屋「パオ」は旨いよ。

続きを読む 虎ノ門「HILO」なにをいただいても文句なしの美味しさ。サラリーマン、OLでいつも賑わう洋食屋。

ときわ台「吉祥軒」やっぱ何回食べてもメチャウマ!界隈ナンバーワンの美味しい中華屋。

この店に最初に訪れたのは10数年前、近所の「ビバホーム」で買い物を終え、ふらっと立ち寄ったのが始まり。

続きを読む ときわ台「吉祥軒」やっぱ何回食べてもメチャウマ!界隈ナンバーワンの美味しい中華屋。

上野「ラ・ココリコ」最高のコスパ、ホスピタリティーよく、名物ロティサリーチキン、アクアパッツァも旨いね。

野アメ横「センタービル」地下にある「野澤屋」で、スパイスやハーブを購入し、昼飯時。界隈をプラプラ、昭和通りに並行した線路沿いに「サンルートホテル」に行列ができている。どうやら、その2階にある「ラ・ココリコ」に並んでいるようなので、メニューを眺めると聞きなれない「ロティサリーチキン」の文字。店員がいたので、

「どのくらい待ちますか?」

「そんなに時間かかりませんよ」

とのことで、列に並んだ。

続きを読む 上野「ラ・ココリコ」最高のコスパ、ホスピタリティーよく、名物ロティサリーチキン、アクアパッツァも旨いね。

池袋「福義」鯛焼き屋の素朴な素朴なラーメン。たまにはこんなラーメンもアリだね。

池袋東口「ヤマダ電機LABI1総本店」(旧三越百貨店)の裏手に、ひっそりと佇む鯛焼き屋「福義」。ボクが物心ついた頃からある店で、思い出したように入る店。

続きを読む 池袋「福義」鯛焼き屋の素朴な素朴なラーメン。たまにはこんなラーメンもアリだね。

早稲田「AMA」小洒落たカフェ風のネパールカレー屋。

早稲田中・高校のある交差点の角にカレーの「AMA」を通りすがりに発見。

店内は縦長でどこかカフェ風の小洒落た内装。メニューを見ると「ダルバート」(ネパールの定食)のほか、北インドカレーになぜかタイ料理も。

続きを読む 早稲田「AMA」小洒落たカフェ風のネパールカレー屋。

表参道「ひちょう」界隈切っての美味しい中華屋。夜は気の利いた肴が盛り沢山、居心地満点の居酒屋に変身。

「小野ちゃん、ここはね青山で3本の指に入るいい店なんだよね」

と、青山にあるデザイン会社の社長の紹介されてから、たまに訪れている。

続きを読む 表参道「ひちょう」界隈切っての美味しい中華屋。夜は気の利いた肴が盛り沢山、居心地満点の居酒屋に変身。

表参道「だるま」具材別盛りスタイルの和風ラーメン、美味しいね。

歌舞伎町にある「でんぱち」という居酒屋の先代の主人から聞いた話だけど、この「だるま」昔は新宿で店をやっていたなんて言っていた記憶がある。間違ってたらゴメン。

この店も古く、30年近くになるんじゃないかな。仕事で青山あたりに来て、小洒落た店に入りたくない時に、訪れるラーメン屋だ。

続きを読む 表参道「だるま」具材別盛りスタイルの和風ラーメン、美味しいね。

下落合「龍栄」住宅街にひっそり佇む美味しい中華屋。変わり種メニュー「ダヌダヌめん」ってなんだろう?

高田馬場の裏通りから下落合の方面を徘徊していて、たまたま見つけた中華屋だった。

表の看板に「ラーメン、鍋貼(餃子)、定食」の文字。近づいてよく見ると小さなメニュー書きに「ダヌダヌめん」と言うラーメン。

「ダヌダヌめん? どんなラーメンだろう

続きを読む 下落合「龍栄」住宅街にひっそり佇む美味しい中華屋。変わり種メニュー「ダヌダヌめん」ってなんだろう?

新橋「新橋バーグ」忙しいサラリーマン御用達のハンバーグ、トルコライス専門店。

「ニュー新橋ビル」の1階にあるスパゲティ専門店「むさしや」は、相変わらずの行列。

その斜向かいに「新橋バーグ」という看板を掲げた店を発見した。ここも結構な行列だ。

「この店、いつ出来たんだろう? こりゃ一度食べとかなきゃ」

続きを読む 新橋「新橋バーグ」忙しいサラリーマン御用達のハンバーグ、トルコライス専門店。

市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

都内のカレーマニアの熱狂的支持を集める店の一つ「カフェド・モモ」このブログでたまに登場する中村直也さんが、この店のことを、

「突き抜けた美味しさっていうのは人を選ぶもので、決して万人受けはしないけど、特定の人に対しては大きなインパクトを与えるんだよね、ここのビーフカレーはそんな味わいだね。激辛でオイリー、ゴロゴロホールスパイスが入っていて、人によっては嫌われる三大要素がそろい踏みだけど、旨いんだよね」

と語っていたことを思い出す。

続きを読む 市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

板橋「よかろうもん」博多のホルモンの鉄板焼き、シンプルだけど実に旨い!

JR「板橋駅」界隈を徘徊していると、行列を発見。どうやら博多のホルモン焼き専門店のようだ。迷うことなく並んで待つこと15分。

メニューがいま一つ把握できず、なんとなく「スタミナ鉄板焼き」790円を注文した。店内は狭小でL字のカウンター7席、40半ばのご夫婦で切り盛りされている。

続きを読む 板橋「よかろうもん」博多のホルモンの鉄板焼き、シンプルだけど実に旨い!

江戸川橋「キッチンタロー」忘れた頃に無性に恋しくなる穏やかに旨いカレーライス。洋食メニューどれも美味しいよ。

江戸川橋界隈は、印刷、製本屋が多く点在し、東京出版販売、通称トーハンを含めた書籍雑誌の取次(卸問屋)も数社あり、ボクが出版社の営業マン時代、毎日のように訪れていた場所だ。書籍や雑誌の卸部数の交渉を終えたあと、よく訪れた洋食屋が「キッチンタロー」だ。

続きを読む 江戸川橋「キッチンタロー」忘れた頃に無性に恋しくなる穏やかに旨いカレーライス。洋食メニューどれも美味しいよ。

入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

昭和通り沿い、三ノ輪駅と入谷駅の中ほどにお蕎麦屋さん「東嶋屋」がある。この店は、昔々、鶯谷に住む友人から、

「小野ちゃんにあのカレーライスの評価聞きたいな」

と勧められた店で、その美味しさの虜にさせられた。

久しぶりに訪れた、1年ぶりになるかな。昼時、オヤジさんは出前で忙しく、娘さんが厨房でせっせと料理を仕込んでいる。

続きを読む 入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

神保町「加賀亭みなみ」界隈切ってのアットホームな憩いの居酒屋

この店が「みなみ」という喫茶店だったころ、友人たちとコーヒーを飲みながら、次回の合コンの打ち合わせに利用した店だった。みんな結婚する前だったので、

「あいつがここの証券会社のだれだれ知ってる」とか、

「恵比寿の居酒屋で名刺交換した銀行のOLに当たりつけてみるか」

と、とりとめのない話に日々明け暮れる、バブルがほんの少し傾きかけた時期だった。マスターは地元に引っ込み、この店は彼の親戚筋が経営するようになり、やがて居酒屋「加賀亭みなみ」としてスタートした。

続きを読む 神保町「加賀亭みなみ」界隈切ってのアットホームな憩いの居酒屋

新橋「一味玲玲・1号店」17種類の餃子を売りにする中華料理屋。夜は楽しそう。

新橋を徘徊していて薬屋「バンビー」の横に「餃子定食」の張り紙に誘われ、ふらっと入った店だった。2階へ上がると、まったく愛想のない中国人のお姉さんが出迎えてくれる。

「う~ん」

まあ、文化の違いだね。

続きを読む 新橋「一味玲玲・1号店」17種類の餃子を売りにする中華料理屋。夜は楽しそう。

渋谷「かいどう」割高感のある渋谷でサイコーのコスパだけど、どれも平均して美味しいんだよね。これぞ大衆食堂の鏡。

渋谷駅南口から246を渡った飲食街の一角、半地下に「かいどう」がある。渋谷には多くの飲食店があるけど、心が萎えているとき、キラキラした気取った店で食事をするのは疲れる場合がある。そんな気分の時にしっくりくる定食屋で、ずいぶん昔からお世話になっている。

続きを読む 渋谷「かいどう」割高感のある渋谷でサイコーのコスパだけど、どれも平均して美味しいんだよね。これぞ大衆食堂の鏡。

東中野「キッチンドナルド」ウィークデーもホリデーも賑わう町の洋食屋。

東中野駅周辺には中華、洋食、イタ飯、ビストロ、エスニック様々あるが、どの店もレベルが高いのには感心する。「東中野銀座」にある「ドナルド」もその一つの店だ。ランチに数回訪れて一通りメニューをいただいて、どれも文句なし。平日の客層は近所の商店主、主婦、学生などだが、土日は家族連れ、カップルが主流となる。

続きを読む 東中野「キッチンドナルド」ウィークデーもホリデーも賑わう町の洋食屋。

千石「十一屋能村酒店」なんとも不思議な酒屋の角打ちを見つけました。座ってくつろげる穏やかな飲み屋、またコスパもいいんだよね。

千石にある友人宅に野暮用があり、そこをお邪魔したあと連れと界隈をプラプラ。

「なんかこの酒屋気になるな…」

中を覗くと角打ちで、メチャメチャ賑わっている。

巣鴨方面、中仙道(17号線)の千石1丁目交差点から茗荷谷方向へ、6つ目あたりの路地を右折、住宅街に突如現れる角打ちの酒屋「十一屋能村酒店」。

続きを読む 千石「十一屋能村酒店」なんとも不思議な酒屋の角打ちを見つけました。座ってくつろげる穏やかな飲み屋、またコスパもいいんだよね。

荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

「丸長」系は、いわゆる「大勝軒」も含めて色々枝分かれしているけど、とび抜けて美味しかったのは中野の「栄楽」だと思う。酸味、甘味、旨味のバランスが優れていた。でもずいぶん前に閉店してしまった。「丸長」と名の付く店はボクの知っている限りでは新井薬師、桜台、目白、上福岡(閉店)にあり、人気があるのは目白店だね。「大勝軒」に比べると「丸長」はどこも酸味が強く、アッサリとした味わいで、若干物足りなさを感じるけど、ふとした時に無性に恋しくなるつけ麺だな。

続きを読む 荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

川崎「丸大ホール」味もコスパも満点。労働者の息づく街にあってしかるべき食堂。これぞ定食居酒屋の雄だ。

ずいぶん昔に「丸大ホール」を訪れて、したたかに飲んだ記憶がある。最近、知人のIさんが大手広告代理店を退職して、料理屋を開くとの話。

「現在は『丸大ホール』で働いてます」

とのメッセージ。「ウソ~!」。店を開く前にどこかの料理屋で接客や料理、オペレーションなどを学ぶために働くのはよくわかるけど、まさか昼飲みOKの大衆食堂で働くとは、度胸がいい。そんなんで、川崎に野暮用があり、1時間ほど用を済ませ連れと午前11時過ぎに「丸大ホール」を訪れた。

続きを読む 川崎「丸大ホール」味もコスパも満点。労働者の息づく街にあってしかるべき食堂。これぞ定食居酒屋の雄だ。

日暮里「鳥真」谷中「初音小路」の奥にある、居心地よく味わいのある旨い焼き鳥屋。

「日暮里の『鳥真』に集合すること」

と、メールでの通達。日暮里駅の山側、つまり谷中方面へ、「朝倉彫塑館」のある路地を左折すると、すぐ左手に「初音小路」という怪しい袋小路があり、その奥の右手に「鳥真」があった。実は「初音小路」の角にある「一力」というラーメン屋は昔からなじみで、サッパリとしたラーメンの旨い店だったが、オヤジさんが他界。閉店していたものの復活したようだ。しかしこの一角で飲んだことがなかった。

続きを読む 日暮里「鳥真」谷中「初音小路」の奥にある、居心地よく味わいのある旨い焼き鳥屋。

神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!

早稲田通りと大久保通りが連なる「神楽坂上」交差点の近く、神楽坂駅からなら手前右手、飯田橋駅からだと渡って左手の2階に「想いの木」がある。入口が判りづらいので見落としてしまう。薄暗い店内はシックにしてモダンな内装、奥右手にカウンター3席、テーブル4人席3卓、2人席3卓だったかな。まるでギャルソン思わせる日本人(おそらくご主人)の丁寧接客。

続きを読む 神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!