カテゴリー別アーカイブ: うまい店紹介

新橋「新橋バーグ」忙しいサラリーマン御用達のハンバーグ、トルコライス専門店。

「ニュー新橋ビル」の1階にあるスパゲティ専門店「むさしや」は、相変わらずの行列。

その斜向かいに「新橋バーグ」という看板を掲げた店を発見した。ここも結構な行列だ。

「この店、いつ出来たんだろう? こりゃ一度食べとかなきゃ」

続きを読む 新橋「新橋バーグ」忙しいサラリーマン御用達のハンバーグ、トルコライス専門店。

市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

都内のカレーマニアの熱狂的支持を集める店の一つ「カフェド・モモ」このブログでたまに登場する中村直也さんが、この店のことを、

「突き抜けた美味しさっていうのは人を選ぶもので、決して万人受けはしないけど、特定の人に対しては大きなインパクトを与えるんだよね、ここのビーフカレーはそんな味わいだね。激辛でオイリー、ゴロゴロホールスパイスが入っていて、人によっては嫌われる三大要素がそろい踏みだけど、旨いんだよね」

と語っていたことを思い出す。

続きを読む 市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

板橋「よかろうもん」博多のホルモンの鉄板焼き、シンプルだけど実に旨い!

JR「板橋駅」界隈を徘徊していると、行列を発見。どうやら博多のホルモン焼き専門店のようだ。迷うことなく並んで待つこと15分。

メニューがいま一つ把握できず、なんとなく「スタミナ鉄板焼き」790円を注文した。店内は狭小でL字のカウンター7席、40半ばのご夫婦で切り盛りされている。

続きを読む 板橋「よかろうもん」博多のホルモンの鉄板焼き、シンプルだけど実に旨い!

江戸川橋「キッチンタロー」忘れた頃に無性に恋しくなる穏やかに旨いカレーライス。洋食メニューどれも美味しいよ。

江戸川橋界隈は、印刷、製本屋が多く点在し、東京出版販売、通称トーハンを含めた書籍雑誌の取次(卸問屋)も数社あり、ボクが出版社の営業マン時代、毎日のように訪れていた場所だ。書籍や雑誌の卸部数の交渉を終えたあと、よく訪れた洋食屋が「キッチンタロー」だ。

続きを読む 江戸川橋「キッチンタロー」忘れた頃に無性に恋しくなる穏やかに旨いカレーライス。洋食メニューどれも美味しいよ。

入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

昭和通り沿い、三ノ輪駅と入谷駅の中ほどにお蕎麦屋さん「東嶋屋」がある。この店は、昔々、鶯谷に住む友人から、

「小野ちゃんにあのカレーライスの評価聞きたいな」

と勧められた店で、その美味しさの虜にさせられた。

久しぶりに訪れた、1年ぶりになるかな。昼時、オヤジさんは出前で忙しく、娘さんが厨房でせっせと料理を仕込んでいる。

続きを読む 入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

神保町「加賀亭みなみ」界隈切ってのアットホームな憩いの居酒屋

この店が「みなみ」という喫茶店だったころ、友人たちとコーヒーを飲みながら、次回の合コンの打ち合わせに利用した店だった。みんな結婚する前だったので、

「あいつがここの証券会社のだれだれ知ってる」とか、

「恵比寿の居酒屋で名刺交換した銀行のOLに当たりつけてみるか」

と、とりとめのない話に日々明け暮れる、バブルがほんの少し傾きかけた時期だった。マスターは地元に引っ込み、この店は彼の親戚筋が経営するようになり、やがて居酒屋「加賀亭みなみ」としてスタートした。

続きを読む 神保町「加賀亭みなみ」界隈切ってのアットホームな憩いの居酒屋

新橋「一味玲玲・1号店」17種類の餃子を売りにする中華料理屋。夜は楽しそう。

新橋を徘徊していて薬屋「バンビー」の横に「餃子定食」の張り紙に誘われ、ふらっと入った店だった。2階へ上がると、まったく愛想のない中国人のお姉さんが出迎えてくれる。

「う~ん」

まあ、文化の違いだね。

続きを読む 新橋「一味玲玲・1号店」17種類の餃子を売りにする中華料理屋。夜は楽しそう。

渋谷「かいどう」割高感のある渋谷でサイコーのコスパだけど、どれも平均して美味しいんだよね。これぞ大衆食堂の鏡。

渋谷駅南口から246を渡った飲食街の一角、半地下に「かいどう」がある。渋谷には多くの飲食店があるけど、心が萎えているとき、キラキラした気取った店で食事をするのは疲れる場合がある。そんな気分の時にしっくりくる定食屋で、ずいぶん昔からお世話になっている。

続きを読む 渋谷「かいどう」割高感のある渋谷でサイコーのコスパだけど、どれも平均して美味しいんだよね。これぞ大衆食堂の鏡。

東中野「キッチンドナルド」ウィークデーもホリデーも賑わう町の洋食屋。

東中野駅周辺には中華、洋食、イタ飯、ビストロ、エスニック様々あるが、どの店もレベルが高いのには感心する。「東中野銀座」にある「ドナルド」もその一つの店だ。ランチに数回訪れて一通りメニューをいただいて、どれも文句なし。平日の客層は近所の商店主、主婦、学生などだが、土日は家族連れ、カップルが主流となる。

続きを読む 東中野「キッチンドナルド」ウィークデーもホリデーも賑わう町の洋食屋。

千石「十一屋能村酒店」なんとも不思議な酒屋の角打ちを見つけました。座ってくつろげる穏やかな飲み屋、またコスパもいいんだよね。

千石にある友人宅に野暮用があり、そこをお邪魔したあと連れと界隈をプラプラ。

「なんかこの酒屋気になるな…」

中を覗くと角打ちで、メチャメチャ賑わっている。

巣鴨方面、中仙道(17号線)の千石1丁目交差点から茗荷谷方向へ、6つ目あたりの路地を右折、住宅街に突如現れる角打ちの酒屋「十一屋能村酒店」。

続きを読む 千石「十一屋能村酒店」なんとも不思議な酒屋の角打ちを見つけました。座ってくつろげる穏やかな飲み屋、またコスパもいいんだよね。

荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

「丸長」系は、いわゆる「大勝軒」も含めて色々枝分かれしているけど、とび抜けて美味しかったのは中野の「栄楽」だと思う。酸味、甘味、旨味のバランスが優れていた。でもずいぶん前に閉店してしまった。「丸長」と名の付く店はボクの知っている限りでは新井薬師、桜台、目白、上福岡(閉店)にあり、人気があるのは目白店だね。「大勝軒」に比べると「丸長」はどこも酸味が強く、アッサリとした味わいで、若干物足りなさを感じるけど、ふとした時に無性に恋しくなるつけ麺だな。

続きを読む 荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

川崎「丸大ホール」味もコスパも満点。労働者の息づく街にあってしかるべき食堂。これぞ定食居酒屋の雄だ。

ずいぶん昔に「丸大ホール」を訪れて、したたかに飲んだ記憶がある。最近、知人のIさんが大手広告代理店を退職して、料理屋を開くとの話。

「現在は『丸大ホール』で働いてます」

とのメッセージ。「ウソ~!」。店を開く前にどこかの料理屋で接客や料理、オペレーションなどを学ぶために働くのはよくわかるけど、まさか昼飲みOKの大衆食堂で働くとは、度胸がいい。そんなんで、川崎に野暮用があり、1時間ほど用を済ませ連れと午前11時過ぎに「丸大ホール」を訪れた。

続きを読む 川崎「丸大ホール」味もコスパも満点。労働者の息づく街にあってしかるべき食堂。これぞ定食居酒屋の雄だ。

日暮里「鳥真」谷中「初音小路」の奥にある、居心地よく味わいのある旨い焼き鳥屋。

「日暮里の『鳥真』に集合すること」

と、メールでの通達。日暮里駅の山側、つまり谷中方面へ、「朝倉彫塑館」のある路地を左折すると、すぐ左手に「初音小路」という怪しい袋小路があり、その奥の右手に「鳥真」があった。実は「初音小路」の角にある「一力」というラーメン屋は昔からなじみで、サッパリとしたラーメンの旨い店だったが、オヤジさんが他界。閉店していたものの復活したようだ。しかしこの一角で飲んだことがなかった。

続きを読む 日暮里「鳥真」谷中「初音小路」の奥にある、居心地よく味わいのある旨い焼き鳥屋。

神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!

早稲田通りと大久保通りが連なる「神楽坂上」交差点の近く、神楽坂駅からなら手前右手、飯田橋駅からだと渡って左手の2階に「想いの木」がある。入口が判りづらいので見落としてしまう。薄暗い店内はシックにしてモダンな内装、奥右手にカウンター3席、テーブル4人席3卓、2人席3卓だったかな。まるでギャルソン思わせる日本人(おそらくご主人)の丁寧接客。

続きを読む 神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!

自由が丘「大連」病みつきにさせられる穏やかに美味しい手作り餃子。

そんなに自由が丘に縁があるわけじゃなく、限られた店しか知らない。このブログでも前に書いている、「自由が丘デパート」の3階にあった「自由が丘餃子センター」は、すでに閉店してしまっているけど、餃子と言ったらココしか知らなかった。

「けっこう古い店で、お袋の実家に寄ったとき、たまに食べてたんですよ」

と友人のボンボンの若社長からの情報だった。

続きを読む 自由が丘「大連」病みつきにさせられる穏やかに美味しい手作り餃子。

新宿「五十番」歌舞伎町の怪しい一角にある中華料理屋、まったく入る気がしなかったけど、食べてビックリ、ホント美味しいのよ。

昔から知っていた店だったけど、まったく入る勇気がなかった。

連れと2人で歌舞伎町に用があり、昼飯時にさしかかる。「五十番」の店先に行くとすごい行列。どうやらピンサロの順番待ちのようだ。

「ピンサロに行列って凄いね、ちょっとワケわかんないな」

「なぁ、ココ入ってみようか? そう決意した日じゃなきゃなかなか踏み込めないからさ」

「そうだな、突入するか!」

ということで店内へ。70前後のおばちゃんと厨房にはそのご主人と思しき人物。客は2人だけだった。

続きを読む 新宿「五十番」歌舞伎町の怪しい一角にある中華料理屋、まったく入る気がしなかったけど、食べてビックリ、ホント美味しいのよ。

赤羽「バーワルチー」界隈ナンバーワンの潔く美味しい、インドのパンジャブカレー。

フローズンホッピーが恋しくて、赤羽にある焼きトンのうまい店「米山」へ向かう途中で見つけたインド料理屋だった。普段インド、ネパール人などが経営するレストランには蝕手が向かず、見つけても通り過ぎるばかり。でもこの店はなにか惹きつけられる重力のようなものがあった。

「一度ランチに訪ねるか

それからずいぶん経ってからやっとお邪魔することができた。

続きを読む 赤羽「バーワルチー」界隈ナンバーワンの潔く美味しい、インドのパンジャブカレー。

大塚「洋食あかね」住宅街にひっそり佇む穴場の洋食屋、ハンバーグ美味しかった。

この店を発見したのは数ヶ月前。大塚駅北口から「銀の鈴通り」の商店街を抜け、大通りを渡ってしばらくすると右手にカレー専門店「ツリートップ」がある。ここでたまに食事をすることがある。駅からかなり離れているので滅多に来ないけど、食後この界隈をプラプラ。

「あれ、こんなところに洋食屋があったんだ。全然気づかなかった」

続きを読む 大塚「洋食あかね」住宅街にひっそり佇む穴場の洋食屋、ハンバーグ美味しかった。

四谷「かつれつ四谷たけだ」フライものが主流の行列の絶えない洋食屋。

四谷の飲食街「しんみち通り」の入口のすぐ脇に、行列の絶えない洋食屋「たけだ」がある。

数回しか訪れたことがないけど、だいたい冬場が多く、季節物の「カキフライ」や「カキソテー」、「メンチカツ」、「カニクリームコロッケ」をいただいていた。

続きを読む 四谷「かつれつ四谷たけだ」フライものが主流の行列の絶えない洋食屋。

門前仲町「キッチンまつむら」町に愛されるコスパのいい洋食屋。

門前仲町駅から永代通りを渡り、春は桜で賑わう運河にかかる「巴橋」を過ぎる。最初の交差点を左折してしばらく進むと右手の路地に「キッチンまつむら」が現れる。

サラリーマン、OL、ナッパ服を来た客で賑わう店内は、調理する油でいつも煙っている。この日はカウンターに通され、ご主人の調理する姿を眺めながら料理を待つことになった。

続きを読む 門前仲町「キッチンまつむら」町に愛されるコスパのいい洋食屋。

南房総「百姓屋敷じろえむ」たまには自然に触れて、有機野菜のおかずで食事を楽しむ。

この日は晴天だった。

「たまには体にいい食事せーへん? 大地の気ぃ受けて、樹木に触れ合って、体に溜まった静電気放出するとメチャいいねんて、あとはフィトンチッド効果やな」

昔、阿佐ヶ谷の飲み屋で知り合った女友達からのメールだった。「体にいい食事か」なんか合点の行くものがあり、2人千葉県南房総市へ旅立った。

続きを読む 南房総「百姓屋敷じろえむ」たまには自然に触れて、有機野菜のおかずで食事を楽しむ。

王子「弥生亭」普通の町の中華屋だけど、なんかかいい店。妙に腰が落ち着くるんだよね。

王子は滅多に来ないけど、ランチで訪れるとすれば、カレー屋の「じゃんご」、同じくカレー屋「むるぎー」(ずいぶん前に西新井に移転した)。洋食なら「La kazawa」ぐらいかな。夜は居酒屋の名店「山田屋」、立ち飲み「平澤かまぼこ」とほぼ決まっている。

それと王子のランドマークだった、激安スーパー「ほりぶん」が閉店して4年ほどになるけど、未だに黄色い建物はそのまま、ずっとほったらかしなのだろうか、気になる。

続きを読む 王子「弥生亭」普通の町の中華屋だけど、なんかかいい店。妙に腰が落ち着くるんだよね。

新板橋「長崎ちゃんぽん・ぽんた」美味しい長崎ちゃんぽん、特に麺が旨いね~、入って大正解。

板橋にある「栄児家庭料理」の辛くてシビレる「麻婆豆腐」が食いたくて、「板橋駅」から結構な距離を歩いた、いつものこと。店の前に来ると閉まっている。

「あれ、どうしちゃったんだろう」

途方にくれていると、通りかかったチャリンコのおばちゃんが、

「閉店したんですよ」

「えっ、そうなんですか、いや~ありがとうございます」

親切に教えてくれる、たぶんボクみたいな客がちらほらいるんだろうね。しかし人気店だったのに、閉店したなんてガッカリ。あの「麻婆豆腐」、「坦々麺」、「水餃子」はもう本郷店でしか食べられなくなってしまった。

「う~ん、どこかおいしい店をないかな」

続きを読む 新板橋「長崎ちゃんぽん・ぽんた」美味しい長崎ちゃんぽん、特に麺が旨いね~、入って大正解。

神楽坂「膳楽房」穏やかにして上品な中華料理。「里麺」美味しいよ。

この日は神楽坂で打ち合わせがあり、一通り話が終わったあと、担当者と昼飯を食うことになった。

「そう言えば『膳楽房』って夜は入ったことあるけど、ランチ食べたことなかったな」

続きを読む 神楽坂「膳楽房」穏やかにして上品な中華料理。「里麺」美味しいよ。

高田馬場「チャイカ」ロシア料理屋の美味しいオリジナルカレー、ボルシチ、ピロシキ&つぼ焼き旨し。

高田馬場駅前「ドンキホーテ」のあるビルの2階に、ロシア料理屋「チャイカ」がある。元々は新宿界隈に店があり、記憶が曖昧だけど、ここに移転してきたのは10年弱前かな?  続きを読む 高田馬場「チャイカ」ロシア料理屋の美味しいオリジナルカレー、ボルシチ、ピロシキ&つぼ焼き旨し。

千駄木「肉のすずき」名物「元気メンチカツ」、買い食いは楽しいね。

たまにプラプラするのが、谷根千(谷中・根津・千駄木)。30数年前にこの界隈に住んでいて、方々のみ店を訪れたな。この辺りに来る度に、ちょっと悲しい思い出と、懐かしさが同居するアンビバレントな心持ちになる。

続きを読む 千駄木「肉のすずき」名物「元気メンチカツ」、買い食いは楽しいね。

東武練馬「棟梁」素材の鮮度もバツグン、工夫された料理の数々、秀逸の居酒屋。

東武東上線の「大山駅」に住んでいた頃、店名は忘れたが、旨い料理屋があった。2、3回ほどお邪魔しただろうか。その後、ボクは新宿に引越しをしてしまい、ふと思い出して大山を訪ねたら、その店がなくなっていた。 それから数年して友人が、
「東武練馬の『棟梁』っていう居酒屋が、ずいぶん賑わっているみたいだぜ」
「東武練馬? そんな店あったっけ?」
ということで確かめるべく、友人と連れ立って「棟梁」を訪ねたら、なんと、大山にあった店だった。もう10数年前のこと。

続きを読む 東武練馬「棟梁」素材の鮮度もバツグン、工夫された料理の数々、秀逸の居酒屋。

自由が丘「梅華」老舗中華の潔いデコレーションの清湯麺、穏やかに旨し!

友人のボンボン社長に連れられて「自由が丘」を訪れた。彼の母親の実家のビルにあるテナントが撤退するという。

「飲食店に使えないか見てもらいたいんですよ」

という経緯。工事中の各テナントを視察するが、どの店舗も飲食店には不向きという結論に達した。もうすぐ昼時ということで、彼が実家に寄ったとき、子供の頃からよく訪れていてという老舗の中華料理屋「梅華」を訪れる。

続きを読む 自由が丘「梅華」老舗中華の潔いデコレーションの清湯麺、穏やかに旨し!

浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

浅草の国際通りを歩いていて、たまたま入った店。店先には小麦粉25kgの大袋が置かれていて、どうやら自家製麺のようだ。入って右手に券売機、その左手に変形のコの字型のカウンター11席となっている。

続きを読む 浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

東中野「大盛軒」東中野名物「鉄板麺」、ちょいジャンクな絵姿だけど、これがクセになる。

およそ30年前、中野の出版社に就職し、同社が数年後に東中野に移転した。その頃よくお世話になったのがこの「大盛軒」だ。テレビの情報番組でもよく登場する店で、東中野の住人で、この店を知らなきゃモグリといわれるほど有名店だ。

続きを読む 東中野「大盛軒」東中野名物「鉄板麺」、ちょいジャンクな絵姿だけど、これがクセになる。