カテゴリー別アーカイブ: 著書・最新刊

ボクの拙著『東京の名店カレー・黄金色のスパイス51粒』好評発売中です。

の間、仕事の打ち合わせも兼ねて『東京の名店カレー』の編集者Sと2人で、ささやかな打ち上げ。焼きとんの名店、高田馬場「おかしら」から、魑魅魍魎が集まる立ち飲み屋「あけぼし」でフィニッシュ。新しい企画2本と、とある名店のレトルトカレーが進行中。仕事が忙しいのはなによりですね。

マガジンハウス『popeye』8月号にボクの「鳥肌の立つキーマカレー」が2位に選ばれました。

popeye』8月号、カレー特集「なんでこんなにカレーが好きなんだろう」、93ページに小さく「小野員裕の鳥肌の立つカレー・キーマカレー」がなんと2位に入賞。

選んでくれたのはミュージシャンのかせきさいだあ氏。1位が「男の極旨黒カレー」3位に「資生堂パーラーのポークカレー」。嬉しいですね。販売して16年ほどになりますかね。レトルトは袋に充填してから130度の高温で20~30分ほど加圧殺菌するもので、レシピ通りに作っても味が壊れちゃうんですよ。スパイス調整するのに難儀した記憶がよみがえりますね。

これ辛いですけど自信作なので一度食べてみてください。

7月7日に『東京の名店カレー』が文庫本で実業之日本社から発売されます。

食べ歩きエッセイ風ですが、インド、タイなどエスニックカレー専門店は掲載していません。主に日本人がこしらえる美味しいカレー屋さんばかりです。悔やまれるのが要町にある「可祢井そば」のカレーライス、ここ載せたかったな。ご興味のある方は是非お買い求めください。